早くも第2世代iPad miniの噂。Retinaで来年3月にも?

COMPUTER WORLDさんに、アップルが来春に新「iPad mini」を発売かという記事が掲載されていました。

RBC Capital Marketsのアナリスト、ダグ・フリードマン(Doug Freedman)氏によれば、「Appleの第2世代iPad miniが登場しそうだ。新しいサプライヤーも増える見込みで、特にTexas Instrumentsが深く関与すると見られる」という。同氏は現在、中国でチップ製造企業の視察中だ。

 


10月に発売されたばかりの現行iPad miniすら、まだ品薄な状況で、早くも次期モデルの噂(というより、アナリストの妄想?)
 

Piper Jaffrayのアナリストであるジーン・マンスター(Gene Munster)氏は11月、新たな「Retina」ディスプレイ搭載iPad miniが来年3月に発売されると予想した。Appleの元CEOだったジョン・スカリー(John Sculley)氏も、同社の製品開発サイクルは6カ月ごとにシフトしつつあると語る。

なぜか、スカリーまで登場。
Retina搭載は、ぜひお願いしたいけど、miniの軽さ、薄さが犠牲になるのは、絶対に避けて欲しい…。
 




1 個のコメント

  • ミニにレティーナモデルが…。しかも、あのテキサス・インストゥルメント社が関与するとは!!この会社は映画マニアなら知っている有名企業です。DLPに上映方式になって、DCPに使われるチッププロセッサーを開発した企業です。