ドコモ、冬の「スリートップ」はナシ。iPhoneを主軸に?

日本経済新聞さんに、ドコモ「ツートップ」宣伝終了 冬はiPhone主軸 という記事が掲載されていました。
 
ドコモは冬商戦で、ソニー、シャープで「ツートップ」、あるいは富士通を加えた、3端末で「スリートップ」という戦略をとるという噂もありましたが、iPhoneを主軸として、販売して行くとのことです。
特にiPhoneを「ワントップ」とは呼ばないとのこと。
 
 


iPhoneの販売比率は、ある程度に抑えたいのかと思いきや、一転してiPhoneを主軸にするとのこと。
自社サービスが載せられるAndroidも残したいはずでしたが、iPhoneでもアプリで自社サービスの展開を始めてるので、そっちが好調なのかも。
 
ドコモも本格的にiPhoneを売るということで、3キャリアの戦いは、さらに激化しそう。
記事では、「製品ごとに販促費にメリハリを付ける取り組みは続ける公算が大きい。」としているので、iPhoneにさらなる割引やキャンペーンが打たれるかも?