iPhone 5cのプラスチックが安っぽくない秘密。

NIKKEI TRENDY NETさんに、“樹脂らしくない”iPhone 5cボディーの秘密、そこに込められた工夫と努力 【銘品分解】という記事が掲載されていました。

01_spx400.jpg

 


記事では、iPhone 5cのプラスチックの外装が、なぜ安っぽく見えないのか、東京大学の教授や、技術者の見解を交えつつ解説されています。
 
プラスチックが安っぽいという印象は、プラスチックの素材自体にあるのではなく、加工方法に起因するそうです。
プラスチックを成形する射出成形では、通常、穴やリブと呼ばれる補強も一気に成形する。すると、どうしても形が微妙に歪んでしまうそうです。
 
そこで、iPhone 5cでは、リブや穴を射出成形でつくらずに、成形後に金属部品を付けたり、切削加工で穴をあけるなどすることで、ゆがみのない成形を実現しているそうです。
 
記事では、iPhoneと他社のプラスチックボディの比較写真も掲載しており、その差がはっきりと分かります。
5cは、コストダウンの為でなく、あくまでカラフルなカラーと、ツルっとしたデザインの為に、あえてプラスックを採用したってとこかな。