格安SIMについて本格的に検討をはじめて気づいた「誤解」。

IMG_3959.jpgiPhone 6は、SIMフリー版を購入したので、最近気になってきている「格安SIM」。いろいろサービスを比較したり、今日は本も買ってきて、本格的に検討を開始しています。
 
検討前に、なんとなくイメージしていた格安SIMと、実際はけっこう違う点がありました。私が勝手にいだいていた、格安SIMへの「誤解」まとめておきます。(間違いがあったらご指摘お願いします)
 
(左の本は「格安SIMフリー超入門」。本当は最新のこっちが欲しかったけど、売り切れだった。)

 


 
・SIMフリー端末じゃなくても「格安SIM」は使える。
 
格安SIMって、SIMフリー端末で使うものだと思っていたんですが、違いました。
格安SIMは、主要キャリアの回線を借りて、行われているサービスですが、その借用キャリアの端末であれば、SIMフリー機じゃなくても使えるそうです。
 
 
・回線を貸しているのは、ほどんどドコモ。
 
格安SIMサービスに回線を貸しているのは、ほぼドコモ。あとはauが、mineo(iOS 8ではつかえなくなってしまった)に貸しているだけで、ほぼドコモ独占状態です。
だから、基本的にドコモの端末なら、mineo以外のサービスが、すぐに使えちゃいます。
 
 
・通話可能なSIMもかなりある
 
格安SIMといえば、データ専用なイメージがありましたが、データだけじゃなく、通話もできるSIMがかなりありました。電話番号も050とかだけじゃなく、090や080が使えるます。(050の番号付きサービスもあります)
 
 
・MNPでの転入転出が可能
 
これが一番びっくりかも。いまの電話番号がそのままで、格安SIMへ移行できます。
格安SIMへの移行の敷居が下がりますね。
 
 
・高速通信が可能。データ容量も大
 
通信速度が遅いけど、そのかわり安い。あるいは、高速通信ができても、データ量制限がわずか。というものだと思っていましたが、違いました。というか、ここ最近、急速に改善されています。
プランにもよりますが、LTEが使えるのは当たり前で、データ容量も拡張が進んでいます。3GBとか5GBとか、ついには無制限まで。さすがに、価格はちょっと上がりますが、それでもキャリアに比べたら安いです。
 
 
・とにかく多彩なプランが存在
 
主要キャリアは3社ですが、格安SIMを提供する会社は、数十社。しかも、多彩なプランが用意されています。データ上限、制限時の通信速度、追加データの購入形態、データの繰越、オプションサービスなどなど。
ほとんど横並びになってしまった、主要3キャリアに比べると、自分にぴったりなプランが選べるのはメリットですが、多すぎてどれを選べばいいのか迷ってしまいます。
 
 
・安い!! 使える!!
 
とにかく安いです。しかも使えそうです。
というか、なぜドコモは、自分とこは高額な料金で、格安SIMには、激安で回線を貸しているんでしょうか? そのうち、みんな格安SIMへいっちゃうと思うのですが…。何か、使ってみなきゃわからない落とし穴があるんじゃないかと、不安なります。(mineoの件は落とし穴の1つかな)
 
自分にぴったりなプランを見つけて、その制限などを熟読して(落とし穴を確認し)、格安SIMへの移行を進めたいと思います。
 
 
 
関連本です。SIMの検討にぜひどうぞ。
 

Unknown-1.jpeg Unknown.jpeg

「iPhone6の通信料金が一気に半分以下になる! 格安SIMカード導入ガイド」(10月30日発売)を探す⇒Amazon楽天
「格安SIMフリー超入門」を探す⇒Amazon楽天




3 件のコメント

  • しゅん爺さん、今晩は。
    そうなんです、格安SIMはほぼドコモ回線だから、ドコモの端末なら、かなり使えます。将来的に格安SIMを使いたくて、ドコモのiPhoneをゲットしました。
    OSアップデートは気を付けた方が良いと思いますが。素人は、画面に出るアップデート、躊躇なくOKして、mineoみたく悲惨な目に自ら招いてますから、アップデートは慎重に。
    格安SIMは玄人向きに思います。周囲に半額以上になる方法として格安SIMを説明しても飛びつく人はほとんど居ない。お金持ちなのか。ケータイ購入や相談を直系ショップでする人ほど、大手キャリア信仰が強い。つまり、各種サービスの依存度が高い人。保証サービスとか、長期契約特典ポイント、なによりキャリアのメルアドを長く愛用してる人は、大手キャリアへのMNPすら出来ず、MNPなら一括0円なのに高い機種変を選択している。
    正しく表示されないアンテナピクト問題回避のために、SMS付きか音声回線付きを選ぶとか、留守電の有無とか、テザリング可能か、おサイフケータイ使えるかなど事前確認が色々必要です。
    それと、ドコモ回線の格安SIMからのMNP時に、ドコモの一括0円端末契約を断られるケースもあります。他社回線の客を奪うからMNPに旨みがある訳なので。
    それと、激安で回線貸出しているてっことじゃ無いんじゃないでしょうか。基本的に店舗無し、テレビ宣伝無し、端末開発無し、SIM製造無し、航空会社のLCCみたく一人何役とかして、激安価格を実現しているんじゃないでしょうか。
    2GB、900円プランは無いですが、7GB、3000円でなら、大手キャリアでも以前からやってます。ドコモiPhone5sを一括0円で、旧料金プランの内に契約し、月月サポートー3024円で月3000円弱ですから。
     

  • いつも楽しく拝見しています。参考になります。(^o^)
    最近、今の契約期間(SB iPad 1ヶ月1000円で2GB、来年11月まで)が終わったらiPadを格安SIMへ移行しようと考え、今回のiPad Air2はAppleでSIMフリー機を購入しました。
    iPhone6の方はSBなので、iPadとiPhoneが別のネットワークの方がいざという時もいいかも、なんて思ってもいます。私も、来年の我が家の格安SIM導入までに、イロイロ勉強しておこうと思っています。

  • MVNO SIMイイですね~
    スマホでお考えでしょうか?
    ここ数日で使い放題なU mobileさんとかでてきましたが否定的なところも書いておきます。
    (僕も利用してますが)
    どこまでベストエフォットなのかが不明なのと
    あと、途中解約を自由にできるというメリット以外はあまりなく。
    実はiPhone6とかであれば、本体コストや通信費に対するサポート費用などがある場合はMVNOキャリアが出しているSIMと同価格くらいになったりすることがあります。
     
    ですので、僕が勧めているのは、
    ・通話はしなくてよい通信は速度でなくて良い。
    ・もしくはウケ専用通話端末(ガラケーの方が安い)
    ・解約を前提で契約する(海外移住とか)
    ・iPadを通信ありで使いたい
    という感じの人にオススメしてます。
     
    意外とキャリアのサポートだとか、こまごましたところのサポートが無かったりしているので、まだ良くわからない人には勧められないというところも有ります。
     
    メリットは自由だというところと、安いところ、気になったらやめられるところですね。