App Storeの「無料」が「入手」に変更。App内課金問題で

Tech Crunchさんに、Apple、App Storeのダウンロードボタンを「無料」から「入手」に変更。EC対策か?という記事が掲載されていました。
 

名称未設定 2.png

記事によると、App Storeの「無料」の表記が「入手」に変わったとのこと。
見てみると、確かに変わっていました。
 
 


なぜ、このような変更が行われたのか、記事によると…

「「無料」とラベル付けされたゲームには、実際に関わってくるコストを、消費者に誤解させかねない問題がある」

とのこと。
確かに、最初のダウンロード自体は無料でも、App内課金でコストがかかるアプリは多いですよね。
子供が親に無断で購入してトラブルになったりもしていましたし。
 
App内課金のあるアプリには、「入手」の文字の下に、かなり小さな文字ですが「App内課金有り」とも書かれているので、トラブルが起こらないように、配慮しているようですね。
 
ちなみに、英語では「Free」から「Get」になっているそうです。