Apple、2022年から「セルフサービス修理」を提供すると発表。

Appleが、2022年からユーザー自ら修理を行うセルフサービス修理を開始することを発表しました。

セルフサービスリペアは、自分で修理をすることに慣れているお客様が、Apple純正の部品やツールを利用できるようにするものです。

セルフサービスリペアは、まずiPhone 12とiPhone 13のラインナップで提供され、その後、M1チップを搭載したMacコンピュータでも間もなく提供される予定です。
このプログラムでは、5,000社以上のApple正規サービスプロバイダ(AASP)および2,800社以上の独立系修理業者が、これらの部品、ツール、マニュアルを利用することができます。

このプログラムの第一段階では、iPhoneのディスプレイ、バッテリー、カメラなど、最も一般的に修理されるモジュールに焦点を当てます。また、来年後半には追加の修理も可能になる予定です。

Apple製品の純正部品を使った修理は、Apple Storeまたは、Apple正規サービスプロバイダのみでの対応でしたが、今後は個人でも修理が可能になります。

このサービスは、来年初めに米国で利用可能となり、2022年中に他の国でも開始されるとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。