AppleのAR/VRへッドセット向けOSの名称は「realityOS」に?

MacRumorsによると、Appleが開発中のAR/VRヘッドセット向けOSの名称は「realityOS」であるとのことです。


記事によると、App Storeのアップロードログと、Appleのオープンソースコードから「realityOS」という記述が発見されたとのことです。

Appleは少なくとも2つのARプロジェクトに取り組んでいるとのこと。
1つは、2022年後半から2023年にかけてリリースされる予定の拡張現実ヘッドセット。
もう1つは、その後に登場するスマートな拡張現実メガネ。

Apple Insiderより

これらの製品に「realityOS」が搭載されるとみられます。

いよいよ年内にもAR/VRへッドセットが登場するかも。
ヘッドセット用のOSって、どのようなものか予想がつきませんが、楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。