Apple、米国でセルフサービス修理プログラムを開始。

Appleが、米国のユーザに対して、修理マニュアルと純正のアップル部品およびツールを提供する「Self Service Repair」プログラムを開始したと発表しました。

「Self Service Repair」プログラムでは、200を超える個別の部品とツールを提供。
ディスプレイ、バッテリー、スピーカー、カメラ、ディスプレイ、SIMトレイなど、iPhone12とiPhone13のラインナップおよびiPhoneSE(第3世代)の修理が可能になるとことです。

さらに今年の後半には、Appleシリコンを搭載したMacのマニュアル、部品、およびツールの提供も予定しているとのことです。

一方で、修理プロバイダー向けのトレーニング拠点を増やす取り組みも行っているそうです。


自分で修理できれば一番いいですが、なかなか初心者には難しい面もあります。
純正の修理ができるお店が日本でも増えるといいのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。