「Apple TV」に比べて「Amazon Prime Video」は400倍の人気!!

Appleが先日発表した「報告書により、サードパーティアプリケーションがApp Storeで世界的な成功を収めていることが明らかに」という記事の中で、Apple純正のアプリに対して、サードパーティのアプリがどの程度使われているかを国別に紹介しています。

テレビ、動画配信については「Apple TV」アプリに対して、日本では「Netflix」は256倍、Amazon Prime Video」は407倍使われているとのことです。

米国、フランスでも「Apple TV」は一番人気ではありませんが、他アプリとの差はそれほど大きくありません。日本はダントツの差となっています。


音楽配信については、「Apple Music」と「Spotify」が各国で僅差。
日本では「Apple Music」がトップシェア。55%のシェアがあるそうです。


最後に地図アプリも純正の「Map」と「Google Map」が僅差の国が多いですが、日本は「Google Map」が4.7倍と大きめの差がついています。


国によって人気のアプリが違ったり、同じだったり、比べてみると面白いですね。

日本でのAppleアプリの人気、不人気はやはりコンテンツ、サービスの充実度の差がはっきりと出ていますね。

他のサービスとコンテンツに大きな差がない「Apple Music」は人気があるけど、日本向けのコンテンツが弱い「Apple TV」は全く人気なし。

管理人も「Apple One」のファミリープランに入っていますが、「Apple TV」はほとんど見ません。
Amazon Prime Video」は、エヴァもあるし、邦画もドラマ、アニメも充実で、そっちぱかり見ちゃいますね。他のプライム会員の特典も込みで年間4,900円は安いし。

今後Apple TVもテコ入れされるといいのですが、ちょっとこの差はひっくり返らないかも…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。