「BCN AWARD 2019」発表!! Appleはスマホ、タブレットで首位。ワイヤレスヘッドホンは3位に

BCNさんが、全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2019」の受賞社を発表しています。


全117部門について、1〜3位の企業が発表されました。


Appleは2部門で首位

Appleが受賞した部門は、

  • スマートフォン部門:シェア64%(8年連続 8回目)
  • タブレット端末部門:シェア42.5%(8年連続 8回目)

どちらも8年連続、圧倒的なシェアでの受賞でした。


過去の常連部門でも2位を確保


過去に常連だった、携帯オーディオ部門では、2位(シェア19.6%)。新製品がない中では健闘していると思います。
1位のソニーは、Appleの3倍以上のシェア66.6%で首位。こちらも「8年連続8回目」です。


新設部門でも健闘

今回から「ヘッドホン・イヤホン部門」が、ワイヤード(有線)、ワイヤレスの2部門に分けられました。

Appleは、ワイヤレス部門で3位に。
週次のランキングでは、「AirPods」が圧倒的に強かったのですが、AWARDではAppleは3位でした。
販売金額なら1位だと思うのですが、低価格なモデルも多いエレコムが、販売数量では首位だったようです。



次回あたりは、スマートウォッチ部門が新設されないかなぁ。Appleの受賞が部門が増えるのに..。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。