Apple、2018年に1,100万個のiPhoneのバッテリーを交換。

9TO5Macさんによりますと、Appleが2018年の1年間、iPhoneのバッテリー交換料金を値下げしていましたが、その間に交換したバッテリーは、1,100万個だったとのことです。

ティムクックCEOが、社内の会議の中で、報告したそうです。
通常の年は、100〜200万個の交換とのことですが、去年は、その11倍程度の交換数となっています。



古いiPhoneをバッテリの交換で延命できてユーザーも多いと思います。これによりiPhoneの売り上げにも影響があったかもしれません。
「iPhoneもバッテリ交換ができる」という認識も広がったので、今後も影響は続くかも。
iPhone自体の高価格が進んでいますが、バッテリ交換の費用は、それほど変わりるもんじゃないですし。



Appleの環境・政策・社会問題担当副社長のリサ・ジャクソン氏は「できる限り長持ちするプロダクトをつくろうという努力を続けています。なぜなら、地球環境という視点から考えれば、製品を長く使ってもらうことが最善だからです」とも述べており、売り上げよりも、環境保護を考えているのなら、それは素晴らしいことだとは思いますが。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。