これはなかなか凄い!! ディスプレイ折りたたみスマホ「Galaxy Fold」発表。

SAMSUNGさんが、ディスプレイを折りたためるスマホ「Galaxy Fold」を発表しました。


普段はiPhone以外のスマホにはあまり興味がない管理人ですが、これはちょっと気になったので、記事したいと思います。


閉じても開いても使える

Galaxy Fold」は、2つ折りで閉じた状態でも使用できます。

まず、閉じた状態。メインのディスプレイは、内側に閉じられた状態ですが、4.6インチのディスプレイが使用できます。外形サイズに対しては、ちょっと小さめですが、この状態でも普通に使えます。


開くとこの広さ。
7.2インチです。iPad miniが7.9インチですので、それに迫る大きさです。


カメラが大変

閉じても開いても使えるので、カメラが大変なことになっています。

まず閉じたい状態での背面には、メインのトリプルカメラ。


閉じた状態でも、1つのフロントカメラ。


さらに、開いた状態でも、ダブルレンズカメラを搭載。

合計、6つのカメラを搭載します。


広大なディスプレイの活用

広画面を活かして3つのアプリを同時に表示する「Multi-Active Window」機能を搭載しています。
iPadの「Split View」のような機能です。



かなり正方形に近いので、横長の動画などは、ちょっとデッドスペースが広めに。

ちなみに、ディスプレイの解像度は、7.2インチで1,536×2,152ピクセル。
「iPhone XS Max」は、 6.5インチで2,688×1,242。
「iPad mini」は、7.9インチで、2,048 x 1,536 ですので、かなり近いですね。


価格も最強

気になる価格は、1,980ドルで、4月26日より発売。
日本での発売は未定ですが、22万円くらいかな。

2つのディスプレイに、6つのカメラ搭載ですから、しょうがないですね…。



iPhone SEなみに小さいディスプレイと、iPad miniに迫るディスプレイの2つの使い方ができるのは、確かに便利かもしれません。

ただ、折りたたんだ状態でも、もうちょっと広く使いたいという方も多いかも。ディスプレイを山折にする構造にはできないのかなぁ。
【追記】HUAWEI、OPPOが山折を発表しました。やっぱりこっちがいいなぁ。むき出しなディスプレイ(おそらくフィルム状)がちょっと心配だけど。

当然ですが、厚さも重さもネック。本体サイズや重量が未発表なのは、かなりガッカリする数値なのかも?

でも、確かに未来を感じるスマホ。
iPhone(という名前じゃないかもしれないけど)も、こんなモデルがいつかでるんだろうか。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。