さよなら「iPod nano」。最後の第7世代が「ビンテージ製品」入り

Appleが、「iPod nano 第7世代」を「ビンテージ製品」のリストに加えました。

「ビンテージ製品」とは

販売中止から 5 年以上 7 年未満の製品です。Mac、iPhone、iPad、iPod、Apple TV のビンテージ製品については、Apple Store 直営店を含む Apple のサービスプロバイダからハードウェアの修理サービスを引き続き受けることができますが、在庫状況や、法律の定めるところによります。

ということで、部品の在庫がなければ、修理サービスが受けられなくなったということですね。

一時代を築いたと言ってもいい「iPod nano」シリーズですが、最後のモデルは2012年。
iPhoneの台頭もあり、もうほとんど見なくなりました。

我が家では子供用に活躍中ですが、これから修理サービスは受けられないかもしれないと思うと、寂しいですね..。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。