接触通知API搭載。「iOS 13.5」などアップデートリリース

Appleが「iOS 13.5」「iPadOS 13.5」「tvOS 13.4.5」「Xcode 11.5」をリリースしました。

iOS 13.5では、マスク着用時にFace ID搭載デバイスのパスコードフィールドに素早くアクセスできるようになります。また、公的保健機関から提供される新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡Appに対応する接触通知APIが導入されます。このアップデートにはさらに、グループFaceTime通話のビデオタイルを自動的に目立たせる機能を制御できるオプションが追加され、バグ修正およびその他の改善も含まれています。

ということで、新型コロナウイルス感染症(COVID–19)対策として期待される、接触通知APIが搭載されています。(まだ日本では使えないようですが)

マスク着用時にFace ID搭載をパスできる機能も搭載。
こちらは、マスクしててもFace IDできる技に影響がないか、ちょっと心配…。

例年なら花粉症、今年は特にコロナウイルス対策でも欠かせないマスク。でも、iPhoneの顔認証「Face ID」には、マスクは大敵です。「Face ID」のたびにマスクをずらしたりしなければならず、マスクに頻繁に手で触...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。