Apple、WWDCで「iOS 15」「iPadOS 15」「watchOS 8」「macOS Monterey」発表。ハード発表はなし

Appleが、WWDC2021の基調講演を開催し、「iOS 15」「iPadOS 15」「watchOS 8」「macOS Monterey」を発表しました。


iOS 15

iOS 15では、FaceTime通話がより自然になり、体験を共有するためのSharePlayや、ユーザーが集中し、必要なことに心を向けるのに役立つ、新たな通知の管理方法が導入されたほか、写真アプリケーションと検索にさらなる賢さがもたらされ、情報にすばやくアクセスできるようになりました。Appleマップでは世界を探索する綺麗で新たな方法が登場し、天気アプリケーションは全画面表示の地図が採用され、情報がより視覚的に表示されるように再設計しました。ウォレットは家の鍵や身分証明書に追加対応し、Safariでのネットサーフィンは新しいタブバーのデザインや「タブグループ」によってさらに簡単になります。また、iOS 15は、ユーザーの情報をさらに保護するため、Siriやメール、それ以外を含めたシステム全体での新たなプライバシーコントロールを導入します。


iPadOS 15

iPadOS 15は、さらに直感的なマルチタスク体験をもたらし、Split ViewやSlide Overなどの機能をより見つけやすく、より使いやすく、よりパワフルにします。「クイックメモ」によってシステム全体でメモアプリケーションが使えるようになり、タイピングでもApple Pencilを使った手書き入力でも、共同作業と整理をするための新しい方法を提供します。ホーム画面の新しいウィジェットのレイアウトとAppライブラリは、iPadの体験をパーソナライズし、アプリケーションを整理するためのシンプルな方法を提供します。翻訳アプリケーションはテキストと会話を翻訳するための新機能を提供し、Swift Playgroundsでは、ユーザーがiPad上でiPhoneとiPad用のアプリケーションを構築できるようになります。また、iOS 15では、ユーザーの情報をさらに保護するため、Siri、メールなど、システム全体でこれまでより多くの場所で新たにプライバシーコントロールが搭載されます。


watchOS 8

watchOS 8は、世界で最も先進的なウェアラブルオペレーティングシステムを、ユーザーが健康で、アクティブで、つながり続けるために、さらに必要不可欠なものにします。ウォレットとホームアプリケーションのアップデートによって、Apple Watchは、車の中や、ユーザーが生活、仕事、訪問する場所に便利にアクセスするための、ますます役立つツールとして使い方が広がります。まったく新しくなった呼吸アプリケーションと、新しくワークアウトの種類に加わる太極拳とピラティスは、ユーザーが元気で健康的な生活を送るのに役立ち、精神的な健康をサポートします。そして、新しい「ポートレート」文字盤やメッセージと写真アプリケーションの強化は、愛する人たちとのつながりをさらに簡単に保てるようにします。


macOS Monterey

macOS Montereyには、人とつながり、さらに多くの仕事をこなし、複数のApple製デバイス間でさらに流れるように作業するための新しい方法が盛り込まれています。FaceTimeの新機能であるSharePlayでは、ユーザーは体験を一緒に共有することができ、「あなたと共有」では、メッセージで共有されたコンテンツを写真アプリケーション、Safari、Apple Podcast、Apple News、Apple TVアプリケーションで見つけて楽しむことが簡単になります。Safariのメジャーアップデートは、美しい整理されたタブバーと、パワフルにタブを整理する「タブグループ」を備えており、毎日のタスクを自動化する「ショートカット」もMacに登場します。「集中モード」は、気を散らす項目を減らし、ユーザーがタスクに集中できるようにします。さらに「ユニバーサルコントロール」と「MacにAirPlay」は新しい連係機能で、複数のApple製デバイス間で簡単に作業できるさらに多くの方法を提供します。macOS Montereyは、最新のiMac、MacBook Air、13インチMacBook Pro、Mac mini、およびAppleのIntel搭載Macを含め、これまでで最も幅広いMacのラインナップに対応しています。



本日より開発者向けに提供が開始。
パブリックベータ版は来月、正式版は今秋にリリース予定です。

基調講演は、日本語字幕付きで公開されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。