iPhoneに「マイナンバーカード機能」がやってくる。

BCN+Rに「マイナンバーカード機能のスマホへの搭載」の狙いはさらなるスマホ普及? スマホが本人確認ツールに変わる」という記事が掲載されていました。

総務省が4月15日に公表した「マイナンバーカードの機能のスマートフォンへの搭載第2次とりまとめ~デジタル社会の新たな基盤の構築に向けて~」によると、まずは令和4年度中(23年3月まで)にマイナンバーカードの機能(公的個人認証サービス)のAndroidスマートフォン(スマホ)への搭載を目指し、iPhoneについても早期実現を目指す。

記事では、スマホへのマイナンバーカードの機能の搭載によって、どの様な利点があり、何ができる様になるのか、まとめられています。

現状で、予定・検討されているスマホでできる様になることは…

  • コンビニ交付サービス
  • 健康保険証
  • 各種行政手続きのオンライン申請
  • 各種民間サービスのオンライン手続等

など。

スマホだけでできることが増え、さまざまな行政、民間サービスの利便性が向上しそうです。


Androidは今年度中に実現を目指す、とのことですが、iPhoneについては具体的な時期は未定。
日本でのiPhoneのシェアを考えると、早く実現して欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。