日本で初めてiPhoneを手にした男!?

かなり前に、iPhoneのペーパークラフトをご紹介したことがありましたが、それとは比べ物にならないくらい、精密にiPhoneを製作された事例を発見しました。
 
大島篤さんのWebページでは、大島さん自身が製作されたiPhoneのモックの製作過程の一部始終が掲載されています。
 
その匠の仕事のごく一部を紹介しますと、
(写真の掲載を快諾いただいた大島さんありがとうございます。)
 

nazo9.jpg nazo40.jpg

ボディには、本物と同じ質感を出すため、アルミを採用。
黒い(樹脂?ジルコニア?)の部分の、スピーカーと、マイクの穴の1つ1つまでも忠実に再現されています。
 

nazo42.jpg

小物類もこの通り。それぞれ手間かかってますねぇ。
 

comp01.jpg comp04.jpg

そして、こちらが完成品。完璧です!!
 
そして驚くベきは、このモックアップがiPhone発売の前日には完成してたということ!!
実物無しで、ここまで完璧に作り上げるのなんて、凄すぎます!!
 
日本で初めてiPhoneを手にしたのは、大島さんだと言っても過言ではないかも!?
 
大島さんのWebページでは、製作過程の詳細が紹介されていますので、夏休みの工作がまだの方はぜひチャレンジしてみましょう!!(無理なら紙粘土で作っちゃおう!!)
 


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。