次期iPhone発売後、「iPhone 11」は付属品を削減し値下げ!? 58,800円に?

Svetapple.skによりますと、次期iPhoneの発売後、「iPhone 11」の付属品を同梱しないバージョンを現行より150ドル安くして販売するとのことです。

「iPhone 11」には、USB充電器とEarPodsが付属していますが、これらを同梱せずに値下げするとのことです。

現状「iPhone 11」は74,800円ですが、もし150ドル≒約16,000円の値下げとなると、58,800円に。かなりお得になりますね。

USB-Cのコンパクトな充電器が他社からもたくさん発売されているので、充電器の同梱がなくなるのは自然な流れかと。(でも、いままで通りUSB-Aの充電ケーブルが付属しちゃうと意味ないなぁ..)

EarPodsをなくすと、AirPodsの購入をする人が増えて、Apple的には儲かる方向かもしれませんね。


PD対応の充電器選びに迷ったら、こちらの記事もどうぞ。

最近のモバイルデバイスや、その充電器は、USB PD対応のモノが増えてきています。iPhoneやiPadもPD充電に対応しており、PD対応充電器で充電することで、従来よりも高速に充電することができます。また、MacBookも...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。