「iPhone 14」は「A15」で据え置き? 「A16」はProモデルのみ採用か。

Weiboで、リーカーの手机晶片达人氏が、2022年の「iPhone 14」の一部モデルには、「iPhone 13」と同じチップ「A15 Bionic」が搭載されると投稿しています。


これまで着実に進化してきたiPhoneとAチップシリーズですが、来年は「iPhone 14 Pro」シリーズのみ「A16」チップを採用し、「iPhone 14」「iPhone 14 mini」には、「A15」が採用されるのかもしれません。

毎年劇的に進化してきたAチップですが、さすがに毎年そのペースを維持するのは難しいのかも。
あるいは、チップだけが進化しても、カメラやその他のハード、ソフトが、そのスペックをフルに活用できずに、持て余すということもあるのでしょうか?

主に、カメラの画像処理や、動画の処理に高いスペックが必要だとすれば、より高スペックなカメラを搭載したProモデルのみ「A16」を搭載するというのは、ありえる話かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。