ミニLED搭載の次期「MacBook Pro」は遅れなく10 or 11月発売か。

DigiTimesによると、ミニLEDバックライトを搭載した次期「MacBook Pro」は、ミニLEDチップやその他のICの不足により、発売が遅れとの噂がありましたが、予定通り10月か11月には発売されるとのことです。

ミニLEDチップやバックライトユニットの主要なサプライヤーの業績は拡大しており、新たな工場などの投資も旺盛とのことです。

12.9インチiPad Proや14・16インチMacBook Pro向けのミニLEDチップの主要サプライヤーである、Epistar社の8月の連結売上高は22億1,800万台湾ドルで、前月比8.62%増、前年同期比110.10%増となっているそうです。


順調に主要な部品が供給されているとのことで、新型MacBook Proはいいスタートダッシュが切れそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。