次世代M1チップ搭載でサイズも小さくなる!? 「MacBook Air」が開発中か?

Bloombergが、Appleが新しい「MacBook Air」を開発中であると伝えています。

新しい「MacBook Air」には、Appleの自社製プロセッサの次世代バージョンや、MagSafe充電テクノロジーが搭載されるとのこと。

ディスプレイは、13インチのままですが、画面のフチ小さくなり、ボディは小さくなるようです。

発売は、早ければ今年の後半か、2022年になるとのことです。


M1チップも次世代バージョンとなれば、さらに本格的にMacな仕様になってきそう。
デザインも新しくなり、生まれ変わる「MacBook Air」、楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。