衝撃のフローティングデザイン!! 「iPad Pro用Magic Keyboard」をとことんチェック。

昨日静かな発表となった新型「iPad Pro」。

LiDARスキャナや、A12Z Bionicを搭載し気になりますが、それよりも心を揺さぶられたのが、「Magic Keyboard」の方。

トラックパッドの搭載は、予想された流れでしたが、まさかiPadを浮かせるか!?

こちらは発売が5月とのことで、まだちょっと先で、情報も限られていますが、可能な限り掘り下げてみたいと思います。

先ずは画像でチェック

その細部がわかりそうな画像を集めてみました。


ちゃんとMacBookっぽく、背面にはAppleロゴがありますね。

 

動きもチェック

動きはこちらのビデオがよくわかります。

最初の開くところ(0:10)と、最後の閉じるところ(1:24)。実にスムーズです。
2箇所ヒンジがありますが、先に根元のヒンジを開いて、ディスプレイの角度を調整するヒンジを開くとか、そんな手順は全く意識せずに、開閉しているように見えます。

凄いです。これ見てるだけで、どんどん触りたくなってきます。

 

どんな構造?

MacBookなら、ディスプレイがそんなに重たくないので、普通にボディ側とヒンジでつなげておけばOK。(それでも、今みたいに丈夫なヒンジになるまでには紆余曲折あったと思うが..)

しかし、iPad Proは、ディスプレイだけじゃなくて、バッテリーも基板も全部入ってるので、それなりに重い。しかもキーボード側は軽い。
だから、MacBookみたいに、1本のヒンジでiPad側とキーボード側を繋げると、軽いキーボードが負けて、後ろにコケてしまうはず。

だから、2箇所のヒンジ?で折り曲げる構造で、iPadの重心が後ろに行かないようにしてる。

この部分の構造を「フローティングカンチレバー」とAppleは表現しています。

下側のヒンジは、それなりに太くて丈夫そうではあるけど、上のヒンジはiPad Proの厚さの半分くらいで、かなり弱そう。

こんなところにヒンジが入っているとは、ちょっと信じられない。
でも、ちゃんとiPadを支えているのが凄すぎ。(ヒンジというような構造ではないのかも?)

2つのヒンジの構造で、思い出すのが…
「iMac G4」。

この技術が、18年の時を経て、iPadに活かされてる??

 

角度の調節も可能

従来の「Smart Keyboard Folio」では、角度は2段階だけの調整でしたが、「Magic Keyboard」では、「最も見やすい角度にスムーズに調整できます」となっているので、おそらく無段階で調整できると思われます。

調整角度の範囲ですが、詳しい情報なし。ただ、Appleが公開しているビデオの中に、角度を振っている場面がありました。


0:40あたり。「It floats」と表示されるところで、角度が振られています。

これが、最大振り幅なのかはわかりませんが、それほど大きくはないかもしれません。

 

USB-Cポートは片側のみ

「Magic Keyboard」のメインのヒンジには、USB-Cポートがついています。

このポートは、iPadへの電源供給専用で、ハブなどのアクセサリには使用できないようです。
でも、iPad ProのUSB-Cコネクタも同時に使えるので、こちらでアクセサリは繋げることできます。

ちょっと気になったのが、左側にUSB-Cポートが写っていますが、もしかして、右側にもあるのでは?

残念。なかったです。

あ、でも右側にはiPad Pro自体のUSB-Cコネクタがあるから、そっちから直接充電できますね。

 

旧iPad Proにも対応しているが..

「Magic Keyboard」は、新型iPad Pro(11インチは第2世代、12.9インチは第4世代)の他、従来モデルのiPad Pro(11インチは第1世代、12.9インチは第3世代)にも対応しています。

ただし、新型iPad Proはカメラが増えているので、当然ケースのカメラ部分の穴も大きくなっています。
ちょっと、旧モデルとはデザイン的にアンマッチにはなっちゃいますね。

 

重いかも?

ちょっと心配なのが、重さと厚さ。

この構造を実現するのは、かなり頑丈さが必要になるし、シザー構造やバックライトキーボードも、厚くなる要因となりそう。

「Smart Keyboard Folio」と画像を重ねてみると..

キーボード側の厚さはほぼ同じようです。

iPad側は、少し厚いようですが、1〜2mmくらいかな?

重さは?
「Smart Keyboard Folio」(11インチ用)は、298gでした。
Magic Keyboardは、1.5倍くらいかなぁ。仮に450gとすると、iPad Proの473gと合わせて、923g。

12.9インチも同じように考えると、合計1,400gくらい。
MacBook Airは、1.29kgですので、それよりも重くなるかも?

【追記 2020/4/20】11インチ用の重さは600g、12.9インチ用は、707gとのことです。

iPad Proと合わせて
 11インチ用:1,073g
12インチ用:1,350g

この体験が、この価格!?

こんな唯一無二な体験をさせてくれる「Magic Keyboard」の価格は、

  • 11インチiPad Pro用:31,800円
  • 12.9インチiPad Pro用:37,800円

ちょっと高いか..。

今一番安いiPadが、34,800円ですので、それより高い。う〜ん、やっぱり高い。

でも、「Smart Keyboard Folio」と比べるとどうでしょう?

11インチ用の価格は18,800円。

「Magic Keyboard」の優位点は..

  • USB-Cポート
  • シザー構造のキー
  • バックライトキーボード
  • トラックパッド
  • 無段階角度調整
  • フローティング機構
  • 背面にアップルロゴ

これだけ詰め込んで1.3万円の差。これはもう安いといってもいいかもしれません。
(逆に「Smart Keyboard Folio」もうちょっと安くできそうだが..)

 

まとめ

トラックパッドや、バックライトキーボードも搭載しており、当然そちらも注目なのですが、個人的には、iPad Proを浮かせるギミックが気になってしょうがないので、そちらを中心に紹介しました。

管理人は、11インチは第1世代で、「Smart Keyboard Folio」を使っていますが、これ、買っちゃいそうです!!

 

Amaoznなどで注文受付中

【追記 2020/4/16】Apple公式ストアでも、受注開始しました。

関連記事

昨日静かな発表となった新型「iPad Pro」。LiDARスキャナや、A12Z Bionicを搭載し気になりますが、それよりも心を揺さぶられたのが、「Magic Keyboard」の方。トラックパッドの搭載は、予想された流れでしたが、ま...
Apple公式ストアで、iPad Pro用「Magic Keyboard」の注文受付を開始しています。受付開始直後は、4月21日以降にお届け予定となっていましたが、すでに「お届け予定日:2020/05/14 - 2020/05/21」となっており、かな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。