「iOS 13.5」ベータにマスク装着時Face IDをスキップする機能が搭載。

9TO5Macさんによりますと、開発者向けに公開された「iOS 13.5」ベータ版に、マスクを着用しているときは、Face IDをスキップし、すぐにパスコード入力画面になる機能が搭載されているとのことです。


通常は、マスク着用でFaceIDを利用しても認識されないので、失敗し、その後パスコードの入力となりますが、マスク着用時はFaceIDをスキップして、すぐにパスコード入力ができるとのことです。


マスク着用のまま、FaceIDを使う技もありますが、精度は高くないので、ありがたい機能ですね。

例年なら花粉症、今年は特にコロナウイルス対策でも欠かせないマスク。でも、iPhoneの顔認証「Face ID」には、マスクは大敵です。「Face ID」のたびにマスクをずらしたりしなければならず、マスクに頻繁に手で触れるのは衛生的にも問題あるし、パスコードを打つのは面倒だし...。しかし、ついにマスクをしたままでも「Face ID」が使える神業が編み出されました!!この技を編み出したのは、Tencent Xuanwu Lab(腾讯玄武实验室)のセキュリティ研究者の方。その方法とは...まず、横半分に折ったマスクを用意します。「設定」→「Face IDと...

でもやっぱり楽なのは、FaceID。やっぱりマスクで隠れない部分だけだと、セキュリティ的に難しいのかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。