ノズルキャンセル搭載で安い!! 「AirPods Pro」旧モデルがおすすめです。

今週から「第3世代AirPods」が発売されましたが、それよりもおすすめの「AirPods」があります。

それは、「AirPods Pro」の旧モデルです!!

「第3世代AirPods」の発表に合わせ、「AirPods Pro」に付属のケースが、MagSafe対応に仕様変更されました。

MagSafe対応版の登場で、ほとんど機能差がない「旧モデル」が値下がりしています。
今回は、そのお得度をご紹介したいと思います。

新旧「AirPods Pro」比較

新しい「AirPods Pro」のケースに採用された「MagSafe」とは、iPhone 12、13シリーズにも採用されている、Apple独自のワイヤレス充電機能。

マグネットにより、デバイスと充電器の位置を適切な位置に合わせて、高速で安全なワイヤレス充電を行うことができます。

「AirPods Pro」の充電ケースは、従来からワイヤレス充電に対応していましたが、そのケースがMagSafe対応にアップデートされました。

新しくなったのはケースだけで、ヘッドホン本体は、旧モデルと全く同じです。

外観も全く同じで、新旧を見分けることはできませんが、型番は変わっています。
 従来モデル:MWP22J/A
 MagSafe対応新モデル:MLWK3J/A

ここで、旧「AirPods Pro」、MagSafe対応「AirPods Pro」、そして新しく登場した「第3世代AirPods」のスペックを比較しておきます。

 
名称第3世代AirPodsAirPods Pro
(従来モデル)
AirPods Pro
(MagSafe対応モデル)
型番MME73J/AMWP22J/AMLWK3J/A
定価23,800円?円30,580円
アクティブノイズキャンセル対応対応
外部音取り込みモード対応対応
空間オーディオ対応対応対応
耐汗耐水性能対応対応対応
バッテリ駆動時間6時間4.5時間4.5時間
ケースMagSafe充電ケースワイヤレス充電ケースMagSafe充電ケース

旧「AirPods Pro」の新価格は不明ですが、Amazon「参考価格:27,800円」と表記で、26,395円で販売中。
楽天では、2.5万円台で販売されています。

実売で、新旧「AirPods Pro」の価格差は4,000円くらい。
第3世代と旧「AirPods Pro」の価格差は2,000円くらいです。


「第3世代AirPods」と「AirPods Pro」の違い

「第3世代AirPods」の一番大きな違いは、ノイズキャンセルの有無。
新旧「AirPods Pro」には、ノイズキャンセル機能や、逆に、AirPodsをつけていても周囲の音が聞こえる「外部音取り込みモード」が搭載されています。

「第3世代AirPods」は、デザインこそ「AirPods Pro」に近くなりましたが、イヤーチップがなく、ノイズキャンセルも搭載されませんでした。

この差が、約7,000円の価格差になっています。
「第3世代AirPods」はバッテリー駆動時間が長くなっていますが、ノイズキャンセルがないことが、この差に影響しているのだと思います。


新旧「AirPods Pro」の違い

その差は、ケースがMagSafe対応しているか、ただそれだけです。

ヘッドホン本体は全く同じものですので、スペックも変わりません。
でも、価格は円以上違います。


MagSafe充電ケースのメリットは?

では、そのMagSafe対応ケースのメリットは、4,000円の価値があるのか?

MagSafeのメリットは、マグネットでの位置合わせによる、安全で高速な充電。
MagSafe対応ケースにも、マグネットが内蔵されており、対応充電器との正確な位置合わせは可能です。きっと安全に充電できると思われます。

しかし、「高速」かどうかは疑問。
MagSafe充電器にケースを置いてみると、上下はケースの方が小さくなっています。
ケースには丸みもあるので、ケース内の充電用コイルは、MagSafe充電器よりもかなり小さいでしょう。

この差では、iPhoneのような15Wの高速充電は難しと思われます。
Appleは、MagSafe対応ケースにより、どれだけ充電が速くなる、といったことを全くアナウンスしていません。
おそらく、少しは早くなっているのだと思いますが、大きくは変わらないのでしょう。

また、ケースが速く充電できたとしても、ヘッドホン本体の充電速度は変わりません。

「充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間、または約1時間の連続通話時間」というスペックは、従来ケースでも、MagSafe対応ケースでも同じです。


従来版「AirPods Pro」がおすすめ!!

ということで、MagSafe対応ケースのメリットはそれほど大きくないと思います。

「第3世代AirPods」の購入を検討されているなら、ノイズキャンセルを搭載した旧「AirPods Pro」も候補に加えていいと思います。価格は2千円ほどの差です。

「AirPods Pro」はイヤーチップもあるので、人によっては、耳から落ちずらいというメリットもあるかもしれません。

ただ、すでにApple公式ストアでは、従来版の販売は終了。
ビックカメラ.comヨドバシ.comでもすでに旧モデルはありません。

Amazon楽天では、販売されていますが在庫限りと思われます。
従来版AirPods Proの購入はお早めにどうぞ。

Amazonポイントアップキャンペーンで、AirPodsも最大6.5%ポイント還元のチャンス!!(10月31日まで)

created by Rinker
Apple(アップル)
¥22,838 (2021/12/01 14:53:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥26,395 (2021/12/01 17:33:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥26,812 (2021/12/01 14:30:16時点 Amazon調べ-詳細)

AirPodsを購入したら、Apple Care+もぜひどうぞ。

バッテリー交換だけでもお得!? 「AirPods Pro」に「Apple Care+」は必要か考える。

2019年11月28日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。