Apple、iPhone供給懸念などで株価大幅下落。時価総額2兆ドル割る

Bloombergが、アップル下落、時価総額が2兆ドル割り込む-iPhone供給など巡り懸念という記事を掲載しています。

1月3日の米株市場でAppleの株価が一時4.4%下落し、時価総額は2兆ドル(約262兆円)を割り込んだとのことです。

下落の原因となったのは、中国でのiPhone生産量の減少の問題や、需要減など。
Appleの時価総額は、一時3兆ドルを上回っていましたが、1兆9900億ドルにまで減少したとのことです。

世界的な景気減速とも言われているので、しばらくは株価は低迷するかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。