ついにiPhone本格生産開始!? 8GbNANDフラッシュ1億個を発注!?

夏の発売に向けて、そろそろ次期iPhoneの本格生産が始まりそうです。
 
DigiTimesさんの記事によりますと、アップルがSamsungに、8Gb NANDフラッシュメモリを1億個注文したそうです。
APPLE LINKAGEさん経由)
 
1億個とは、まさに桁違い…。
8Gb=1GBなので、16GBのiPhoneに換算すると…78万台。あれ、大したことないなぁ。
とりあえず、初回発売分くらいでしょうか? 32GBも登場するとすれば、全然足りないくらいかも。

間違えました、1億GBだから、16GBのiPhone=600万台以上ですね。
(こちらの記事では、新型iPhoneが出たら、四半期で7~800万台売れるとのこと。「iPhone 4G」という呼び方はおかしいと思うけど..,)
 


さらに記事によると、NokiaやソニーもNANDフラッシュの獲得を始めているとのこと、景気回復の兆しなんでしょうか?
 
また、別の記事では、台湾のメーカが次期iPhone向けの部品の出荷を開始したと伝えています。
 
なるべく沢山作って、品薄の起こらない様にお願いします!!
 




4 件のコメント

  • 8Gb=1GBってことは、1億GB分のNANDフラッシュですよね?
    1億GB÷16GBモデルiPhone=650万台
    32GBモデルでも325万台!
    64GBモデルだったとしても162万5,000台!
    充分ですよw

  • どうも。何時も楽しく拝見、そして下手なコメント
    を書かせていただいておりますです。
    LONGROOFさんも書かれているとおり、フラッシュの
    数は充分すぎですよ~~。
    それだけ売れていると言う事だしWWDCでの発表で
    更に盛り上がるのでは?
    これからが楽しみです!

  • 常々、私は世代を、Generation XXだと思ってるので、PPCと同じで、G2, G3と呼ぶようにしてます。
    iPod shuffle G3, iPod touch G2 などなど。
    なので、iPhone3G と、3G電波表記をされても、今年出るかもしれない次世代iPhoneは、iPhone3G G2なのです。
    大きく、iPhoneシリーズだと考えれば、iPhone G3でしょうけど。

  • masayukita にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。