新iPhoneの価格は16GBと32GBで二極化? AT&T下取リスト続報

昨日紹介した、AT&Tの下取リストにiPhone 32GBが掲載されていた件の続報です。
 
ristooo.png
 
未だに、次期iPhoneと思われる16GBと32GBは、削除されていないので、試しにこれを選んで、下取価格を調べてみました。するとちょっと面白い結果に…
 
 


まず最初に、現行iPhone 16GB、8GBの下取価格。
 
at0000.png
at003.png
at004.png
 
現行の新品の価格は、16GBが299ドル、8GBが199ドル。これに対して、下取価格が315ドル、239ドル。手数料等(S&H)が含まれて(Included)いるらしいので、iPhoneの純粋な価格を計算するため、下記の様な仮説を立てました。
 
299×A+B=315
199×A+B=239
 
A:中古なんで、一定の割引率が乗じられている
B:手数料
 
これを計算すると、(久々にこんな計算したよ…)
A=0.76
B=87.76
 
そして、次期iPhoneと思われるiPhone、32GB、16GBの下取価格。
at001.png
at002.png
 
これに、先ほどのA,Bを使って、次期iPhoneの新品価格を逆算してみると…
 
32GB:約325ドル
16GB:約154ドル
 
となりました。
(ちょっと割り切れないが…)
 
 
噂では(こちらとか)、次期iPhoneは、199ドルと、299ドルとのことですが、まったく違った結果となりました。
 
別の噂では、内蔵アプリに差をつけたモデル発売するのではないか?というものもあったので、もしかすると、16GBはエントリモデルで、32GBは内蔵アプリが追加されたハイエンドモデルになるのかも??
 


 




4 件のコメント

  • いつも記事楽しんでます。
    更新お疲れ様です。
     
    ところで、記事中の「B:輸送代&手数料」は
    プラス計算するもんなんです?
    店側の取り分(?)みたいにも感じるので、
     ex)299×A-B=315
    のようかなとも思ったりして…
    でもこれを計算してみたらA=1.2になって
    1を超えるんですよね…それも変っちゃ変ですもんね?
    なんか、変な質問すいません(汗
     

  • う~ん、でもやっぱり、現行iPhone 16GBが定価より高い買取価格になってるというのは、おかしいですね…。
    Black Berryが、販促の為に、補助金出しているのな? 乗換キャンペーン的な?
     

  • 先日(5/24)iphoneFANの記事にあった、「販売条件が3年契約となっているかも」のような条件下なら、キャリア乗り換える場合に消費者側が払うペナルティーがあるでしょうし、それを補う準備がウチにはありますよって意味と、転入キャンペーンを暗に宣伝みたいな…しゅん爺さんと同意見ですね^^
     
    まぁ今は、気になるNEWiphoneの新情報の方に目を向けときますよ!
     
    返信ありがとうございましたm(__)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。