iPhoneがリモコンに!! 赤外線アダプタ「L5remote」を試す。保存・共有編

iPhone/iPod touch用赤外線アダプタ「L5 remoteのレビュー第4ラウンド。(基本編カスタマイズ編マクロ機能編
今回は、作成・学習させたリモコンデータの保存や共有について。
 
世の中の学習リモコンには、電池を抜いただけでもメモリが消えちゃうものもあるらしく、ちゃんと保存、また共有できるかは気になる所。
 

l5Remote3_1.jpg l5Remote3_2.jpg

左下のクラウドっぽいアイコンをタップすると、共有系のメニューがでてきます。上から1つずつ見ていきますと…
 
 

l5Remote3_3.jpg l5Remote3_6.jpg

「Upload remote」はリモコンデータをサーバーにアップして、共有できます。ダウンロードの方法は後ほど。(はしょりましたが、簡単なアカウント作成が必要です)
「Email remote」は、リモコンをメールで送ります。ただしこれは、リモコンのレイアウトの画像データを送っているだけで、こんなの作ったよ!! 的な使い方になりそう。
 

l5Remote3_4.jpg l5Remote3_5.jpg

「Share with your network」では、facebook、Twitterでの共有が可能。ただしこれも、画像データを共有するのみです。
 
 
さて、次はアップロードしたリモコンデータのダウンロードを。

l5Remote4_6.jpg l5Remote4_2.jpg

リモコンのリスト画面では、左下のクラウドアイコンの矢印が下向きになり、ダウンロードモードになります。
タップすると、デバイス、メーカ別に、リモコンデータの検索ができます。この中の「My Remote」に自分のデータがあります。
 

l5Remote4_3.jpg l5Remote4_5.jpg

先ほどアップロードしたデータをダウンロードしてみます。
ボタンレイアウトだけをダウンロードすることもできますし、学習したデータ込みでダウンロードすることもできます。
 
端末が変わっても(iPhone→iPod touchとか)、自分のアカウントでログインすれば、リモコンデータはダウンロードできます。データをアップロードしておけば、もしiPhoneが壊れたりしても、別の端末で復活できます。
もちろん、先ほどのデバイス、メーカ選択で、誰かが作った公開されているリモコンデータをダウンロードして、使用する事もできます。
 
 
こんな機能は、他の学習リモコンでは真似できないでしょうね(あったらゴメン)。
前回のマクロ機能もしかり、ほんとに使えるヤツです。我が家の3GSは、完全にリモコン専用機と化しています…。
 
さぁ次回は、携帯との赤外線通信に挑戦!?
 
 
「L5 Remote」を探す⇒Amazon楽天
 




3 件のコメント

  • 携帯電話とのアドレス交換ができれば凄いけどたぶん無理なんでしょうな。

  • ここの記事に触発されて、買いました!
    今日届いて早速2時間くらい格闘して、ホームシアターを含め、家のリモコン数台をまとめあげました。レイアウトに頭使いました。(^^)
     
    こんな簡単にできるのってすごいですね。ホームシアターのインストーラに、統合リモコンのプログラムを頼んだら、20万はするのに、これは、自分の納得できるところまで作り込める。すばらしいです。ありがとうございました。