医師もびっくり!! Apple Watchの心電図機能が命を救った話。

12月7日に公開された「watchOS 5.1.2」で「Apple Watch Series 4」の心電図機能が、米国で使えるようになりました。

早速その心電図のおかげで命を救われる事例が報告されているとのことです。

Gigazineさんの「リリースされたばかりのApple Watchの心電図機能でさっそく命を救われる事例が報告される」という記事によりますと、edentelさんが心電図機能を利用したところ「心房細動」という心臓の病気であるという結果が出たそうです。

何度測定しても同じ結果となることから、医師の診断を受けたところ、本当に「心房細動」であったとのこと。

医者は、「Apple Watchがおそらくあなたの命を救いました。私は昨夜このニュース(心電図アプリの配信)を見て、来週は患者が増えるぞと思っていたのですが、まさか翌日の朝イチにもうそんな患者が来ることになるとは予想していませんでした」とedentelさんに語ったそうです。

早速実績を上げたApple Watchの心電図機能。
心房細動は、すぐさま命に関わるような重症な不整脈ではないそうですが、脳梗塞の発生率が高くなったりするとのこと。
これまでは、専用機器で検査していたものが、Appple Watchで異常を確実に検知したのはすごいですね。

まだ米国だけでの機能ですが、このような事例が多く報告されれば、日本でも心電図が「ON」になる日も近いかもしれません。

いまなら「Apple Watch Series4 Nike+」15%ポイント還元で買えちゃいます。

さまざまなネットショップでのお買い物でポイントがもらえる「Rebates(リーベイツ)さんが、「スーパーポイントバック」キャンペーンを開催しています。Appleの公式ストアもお得ですが...もし、「Apple Watch Se...



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。