Apple、2017年にiPhone 6以降のバッテリー交換をしたユーザに一部を返金。

Appleが、2017年1月1日から2017年12月28日までの間に iPhone 6以降の保証対象外バッテリー交換を有償で行なったユーザーに対し、5,600円分を返金する「iPhone 保証対象外バッテリー交換クレジット」を開始しています。


対象となる、バッテリ交換は、Apple正規修理拠点 (Apple Store 直営店、Apple リペアセンター、Apple 正規サービスプロバイダのいずれか) で行われた場合。

銀行振込か、またはバッテリー交換サービスの料金支払いに使用されたクレジットカードへの払い戻しという形で返金されます。



Appleは、バッテリが劣化したiPhoneに対して、意図的に性能を落としていた問題の対応として、現在バッテリ交換料金の減額を行なっていますが、これもその一環と思われます。

対象者には、連絡があるようですが、2018年8月1日までに連絡がない場合は、Appleに問い合わせる必要があるそうです。
対象となる方は、お忘れなく。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。