AppleがマイクロLEDパネルを開発中。Apple WatchやARデバイス向けか?

DigiTimesさんによりますと、Appleは小型と大型デバイス用のマイクロLEDパネルの開発をしているとのことです。


Digitimes Researchのシニアアナリスト、Luke Lin氏によりますと、Appleが小型・大型アプリケーション向けのマイクロLEDパネルの開発に取り組んでいるとのことです。

このうち小型のマイクロLEDパネルは、Apple WatchおよびARウェアラブル機器向けに開発されているそうです。
Apple WatchのマイクロLEDパネルは、2018年後半または2019年に大量生産に入る可能性がありますが、大型製品は2019年以降に大量生産に移行する可能性があるとのことです。

大型のものは、MacBookよりはるかに大きな製品に使用されるそうです。

また、Appleはこれらの開発について、台湾の半導体製造会社(TSMC)から支援を受けているとのことです。

ARは、これから重要になってくるような気がしますが、Apple Watchのディスプレイは、今以上にどのような進化があるんでしょうね。





1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。