やさしいね!! AppleがiPhoneをより長く使ってもらうために忍ばせた機能とは…。

ベンチマークソフトのGeekbenchが、「AppleがiOS更新によってiPhoneの性能を落としている」がという指摘を公表したことを受けて、Appleがこれを認める発表したそうです。

ただ、それにはちゃんと理由があります。

私たちの目標は顧客に最高の体験を提供することです。これには全体的な性能向上や端末の寿命を延ばすことも含まれます。リチウムイオンバッテリーは、寒い状況下でピーク電流を流せなくなったり、繰り返し使うことで最大容量まで充電できなくなったりします。このせいで、電子部品を保護するために予期しないシャットダウンがもたらされ得るのです。

昨年、前述の状態になったiPhone 6、iPhone 6s、iPhone SEで、瞬間的な電力消費を緩和して端末が予期せぬシャットダウンを起こすのを予防する機能をリリースしました。私たちは今、この予防機能の対象をiOS 11.2でiPhone 7まで広げました。そして、今後も他の端末を対象に加える予定です。
GIGAZINEさんより)

つまり、より長くiPhoneを使い続けてもらうために、わざとピークを緩和させて、デバイスの寿命を延ばす、という裏機能を密かにiOSに組み込んでいたそうです。

性能を落とすといっても、ベンチマーク計測のような動作は特殊ですので、それほど実用上影響のあるものではないと思われます。

保証の切れたiPhoneにまで、Appleは気を配っていたんですね。
個人的には、とても優しい機能だと思いますが、このような機能が、密かに実装されてたことには批判もあるようです。
ON/OFFできるようにして、公表しとけばよかったかもしれませんね。




2 件のコメント

  • 向こうではこの機能のせいで中古買取の価格が下がったとかで集団訴訟したらしいですね、さすが訴訟大国ですわ。

    僕は多少遅くなってもアプリが安定して動いてくれたほうが助かるけどなぁ。
    最悪バッテリー換えればいいわけですし。

  • これはまずバッテリーが劣化しましたという通告を出すべきですね。
    アップデートでクロックダウン、約二世代前の機種の性能に戻るわけです。
    明らかに体感でわかるでしょう。特にアプリの立ち上げなどでは。

    ただでさえiOSは重たくなる一方なのに
    無茶苦茶勝手な仕様変更だと思いますなあ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。