どこまで増える? 2019年のiPhoneはカメラがトリプルに!?

ウォールストリート・ジャーナルによりますと、Appleは今年も3種類の「iPhone」新型モデルの発表を計画しており、そのうちハイエンドモデルは、トリプルカメラを搭載すると伝えています。


3つのモデルは、それぞれ「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」の後継機な位置付けで、前者2モデルは、デュアルカメラを、「iPhone XS Max」の後継機はトリプルカメラを搭載するとのことです。



iPhoneに初めてでデュアルカメラが搭載されたのは、2016年のiPhone 7 Plus。
さらに3年で、カメラがもう1つ追加となるのでしょうか。

すでにサムスンが4カメラの「Galaxy A9」を発表していますし、Nokiaは5カメラのスマホを開発中との噂もあります。

スマホの機能で、カメラ機能が重要になっているのはわかりますが、ただカメラ数が増えていくというのは、なんだか他の機能進化が停滞している感じもします。
カメラが増えれば、単純にその分価格が上がっていくでしょうし。(Apple的には、価格を上げ易いという意味もあるのかなぁ)



特にカメラ増以外に、目立った進化がないようなら、iPhone Xをもう1年使うというのも、十分ありな気がしている管理人でした。





1 個のコメント

  • […] どこまで増える? 2019年のiPhoneはカメラがトリプルに!?ウォールストリート・ジャーナルによりますと、Appleは今年も3種類の「iPhone」新型モデルの発表を計画しており、そのうちハイエ […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。