2022年のiPhoneは、ディスプレイにTouch IDを内蔵か。

MacRumorsによると、2022年に発売されるiPhoneは、ディスプレイ内にTouch IDを内蔵すると伝えています。

アナリストのミンチークオ氏による情報とのこと。
さらに、2022年のiPhoneは4モデル展開になるとのこと。
モデルはローエンドの6.1インチモデルと6.7インチモデル、ハイエンドの6.1インチモデルと6.7インチモデルの4モデルになるとのことです。

また、ハイエンドモデルの2モデルには、48MPの広角カメラが搭載されるとのことです。

「iPhone SE」の次期モデルについても、5Gに対応し、来年前半には登場すると予想しているそうです。

コロナ禍こそ、Touch IDが欲しいところですが、2022年にはさすがに落ちついているかな?
ところで、折り畳みタイプのiPhoneは2023年以降なのかなぁ。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。