Mac版を超えた!? iOS版「iPhoto」をiPadで試す。

スペシャルイベントで紹介されたアプリの中で、iPhone,iPadに対応した「iPhotoicon」。これで、iOS版のiLifeが出揃いました。
 

smart_browsing.jpg

iLifeで、一番速く登場してもよかったくらいですが、iPhone,iPadには最初から写真管理アプリが入っていたので、満を持しての登場。現行のiPadでも使えるので、早速試してみました。
 
 


まず、起動すると、標準の「写真」アプリと同じ様な画面が表示。
 

イメージ 6.jpg
 
イメージ 8.jpg

上部のタブでも切替えられますが、左右にフリックでも切替可能です。
標準の「写真」アプリでは、アルバムをミンチアウトすると、中身が表示されましたが、iPhotoiconではそれはないようです。
 

イメージ 5.jpg

気になるジャーナル機能は、次回に。写真を今日数する方法の1つみたいです。
 

イメージ 23.jpg

こちらが写真の編集画面。
様々なアイコンが表示されています。使いこなせるかな…
 

イメージ 15.jpg

上部の「?」をタップすると、この通り。機能がずらり表示されます。これなら何とか使えそう。
 

イメージ 19.jpg

これは便利!! な、 拡大レンズ機能。2本指で回すと、レンズが「カチカチ」と回って、倍率も調整できます。なんか楽し〜。Retina iPadならもっと楽しいかも。
レンズは、画面上でフリックすると慣性をもって動くんですが、端に当ると跳ねかえります。意味ないけど面白い。
 
 
カラーの調整を試してみます。

イメージ 19.jpg
イメージ 18.jpg
 
イメージ 22.jpg
イメージ 17.jpg

空や、緑などを別々に、スライダをいじるだけで、簡単に調整できちゃいます。
 
さらにいろいろな編集機能。

イメージ 20.jpg
イメージ 24.jpg

いちいち、ビジュアルが凝って楽しいんですよね〜。
 
MacのiPhotoも、同じ様なことはできますが、iOS版の方が小さい画面でも使いやすく工夫されていて、分かり易く、楽しくできるようになっているように感じます。iPad上では、細かく何本ものスライダで調整するより、「空」「葉っぱ」としておいた方が、大雑把でも親しみやすいですね。
 

イメージ 21.jpg

編集が完了したら共有。メールや、twitterの他、新しいの「ジャーナル」「転送」。「転送」は、フォトビーミングという機能で、他iOSデバイスとWi-FiネットワークやBluetooth接続で、写真のやり取りができます。
 
という様な感じのiOS版「iPhotoicon」でした。今回はiPadで試しましたが、もちろんiPhoneでも使えます。1回買えば、iPhoneにもiPadにも入れられるので、フォトビーミングもできますよ。(フォトストリームが使えないWi-Fiなしの環境や、なかなか同期されないときとかにも便利そう。)
 




3 件のコメント

  • 同じくw
    >アルバムをミンチアウトすると、中身が表示されました
    で完全にグロ想像しましたw が、
    おもしろかったです。
    もちろん記事の内容も