「月」買います!! アップルが有り余る現金の使い道を発表!!

アップルのクックルンCEOが、アップルの全資産をつぎ込んで、「月」を購入すると発表していました。
 

スクリーンショット 2015-03-31 午後11.10.34.png

購入価格は明らかになっていませんが、天文学的数字(「月」だけに…)となるようです。
 
 


 
Apple Watchでは、文字盤に月の満ち欠けを表示することも可能。他のメーカの腕時計でも、そのような表示はありますが、アップルが「月」を取得することにより、Apple Watchが独占的に、月の満ち欠けの表示を使えるようになるそうです。
 
Apple Watchのデザインを手がけた、アイプ氏は、腕時計をデザインするにあたり、時計の歴史の探求から着手したそうですが、その中で「時」と「月」が密接に関係していることを知り、今回の月購入につながったとも言われています。
 
 
また、アップルは宇宙産業への参入にも興味を示しているとのことで、月に大規模な研究施設の建設を予定しているとの噂もあります。この施設は、現在建設が進められている新社屋「Apple Campus 2」に酷似しているとのことです。
 
さらに、「Apple Campus 2」の建設関係者の話では、地下に秘密の構造物があり、ここには、ごく限られた作業員のみが入ることを許されているとのことです。その空間には、ロケットエンジンらしきものが、設置されていたという目撃証言もあるようです。
 
 
もしかすると、そのまま月まで飛んでいくのかもしれませんね。

Apple-Campus2-Sapceship.jpg
All Things Dさんより)

 
 

 
・・・という、エイプリルフールネタでした。

1 個のコメント