スペック差は価格に見合う? 初代 VS 第2世代「AirPods Pro」比較。

9月23日に発売された、「第2世代AirPods Pro」。

初代登場から3年でのモデルチェンジとなりましたが、イヤホン本体のデザインはほぼ変わらず、変化点がわかりづらいかもしれません。

今回は初代と第2世代の性能差や、値下げされた初代モデルとの価格差についても紹介していきたいと思います。

生まれ変わった第2世代「AirPods Pro」先行レビューまとめ。

2022年9月22日

第2世代は何が新しい?

まずは、初代から第2世代になって何が変わったかをまとめておきます。

Appleは、下記のように説明しています。

一段と豊かなリスニング体験を届けるために。AirPods Proが生まれ変わりました。

次世代のアクティブノイズキャンセリングと適応型環境音除去が、周囲の雑音をこれまで以上に低減。
空間オーディオは、臨場感を驚くほどパーソナルなレベルまで高めます。

さらに、スワイプで音量を調節できるタッチコントロールが登場。
1回の充電で6時間使えるように、電力効率も飛躍的に高めました。

この文章にだいたい集約されていますが、詳しく説明していきます。


H2チップとU1チップ

初代にはH1チップが搭載されていましたが、第2世代には新しいH2チップが搭載。

まったく新しいH2チップは、これまで以上に多才です。コンピュテーショナルアルゴリズムを使って、格段にスマートなノイズキャンセリングを届ける。圧倒的な3Dサウンドで包み込む。バッテリーを一段と長持ちさせる。そのすべてを同時にこなします。

H2チップの搭載により、ノイズキャンセルや音の再現性がよくなり、バッテリーの持ちがよくなる、などの効果があります。


また、ケースにはU1チップを新たに搭載。
「探す」アプリの「正確な場所を見つける」機能を使って、充電ケースの場所を探すことができるようになっています。


タッチコントロール

初代は、感圧センサーによる「押す」操作を検知していましたが、新たにタッチコントロールを採用し、本体の軸部分を「スワイプ」して操作することが可能になりました。


スワイプでは、音量の調整が可能。
従来のように、軸を摘んで押すことによる操作も可能です。


ノイズキャンセルの進化

H2チップにより、ノイズキャンセリング機能が強化され、初代と比べて最大2倍の雑音を消すことができるようになりました。


適応型環境音除去

初代では「外部音取り込みモード」と呼ばれていた機能が「適応型環境音除去」となりました。

サイレンや電動工具などの騒音強度を最小限に抑えるとのこと。
外部音は取り込みつつも、明らかな騒音は取り除いてくれるようです。


イヤーチップが4サイズに

初代ではS,M,Lの3サイズであったイヤーチップにXSサイズが追加され4サイズに。

イヤーチップは単体でも購入できますが、初代とは互換性はありませんので、XSサイズを購入して初代で使用することはできません。


パーソナライズされた空間オーディオ

初代も空間オーディオに対応していましたが、第2世代ではさらに進化。

iPhoneのTrueDepthカメラで、個々人の耳の形、頭の形を認識してカスタムプロファイルを作成。
それぞれにパーソナライズされた空間オーディオを提供します。

この機能は、TrueDepth搭載のiPhone(要iOS16)と下記のAirPodsでも利用できます。

  • AirPods Pro (第1世代)
  • AirPods Pro (第2世代)
  • AirPods (第3世代)
  • AirPods Max
  • Beats Fit Pro


肌検出センサー

AirPodsの第3世代にも採用されている「肌検出センサー」を搭載。
耳に装着されていることをより正確に検出できるようになります。
耳に装着されていないときは、再生を停止します。


ケースが大幅進化

第2世代で一番見た目で進化がわかりやすいのが「ケース」。

まず一眼見てわかるのが、側面に追加されたストラップループ。
お好みのストラップを取り付けることができます。紛失防止にもなりそうです。

底面にも見た目でわかる進化。
スピーカーが搭載されました。
ケース自体が「探す」機能に対応し、ケースからも音が出せるようになっています。
また、ペアリング時にも完了を知らせる音が鳴ります。

さらに見た目にはわからない進化として、IPX4等級の耐汗耐水性能を搭載。
ワイヤレス充電が、従来のQi規格、MagSafeでの充電だけでなく、Apple Watchの充電器でも充電ができるようになりました。


連続再生が時間が6時間に

AiPods Pro本体の連続再生が最大5時間から6時間に。
マイクを使った場合は、3.5時間から4.5時間に延びました。

さらに、ケースでの充電も含めると、再生時間は24時間から最大30時間に向上しました。


初代・第2世代 スペック一覧

初代、第2世代のスペックをまとめておきます。赤字は、第2世代の進化点。

 AirPods Pro 第2世代AirPods Pro 第1世代
サイズ・重量30.9 x 21.8 x 24.0 mm
5.3 g
30.9 x 21.8 x 24.0 mm
5.4 g
充電ケースサイズ・重量45.2 x 60.6 x 21.7 mm
50.8g
45.2 x 60.6 x 21.7 mm
45.6 g
チップH2チップH1チップ
Bluetooth仕様5.35.0
再生機能パーソナライズされた空間オーディオ
ダイナミックヘッドトラッキング
パーソナライズされた空間オーディオ
ダイナミックヘッドトラッキング
ノイズキャンセル系機能アクティブノイズキャンセリング(初代比2倍)
適応型環境音除去
アクティブノイズキャンセリング
外部音取り込みモード
操作押す
スワイプ
押す
センサー動きを感知する加速度センサー
音声を感知する加速度センサー
肌検出センサー
動きを感知する加速度センサー
音声を感知する加速度センサー
防水使用本体:IPX4等級
ケース:IPX4等級
本体:IPX4等級
充電ケースQi、MagSafe充電
ストラップループ
Apple Watch充電器での充電
U1チップ
「探す」機能
Qi、MagSafe充電
イヤーチップサイズXS,S,M,LS,M,L
価格39,800円3万円強
(Apple公式での販売は終了)

明らかな進化としては、ケースの進化、再生時間の延長、スワイプ操作が挙げられますが、それ以外は実際に聴き比べてみないとわからない差かもしれません。


価格差は?

第2世代AirPods Proは、39,800円。
Amazonビックカメラ.comなども値引きは無しで同価格。ただし、ポイント5%(1,990ポイント)還元があります。

初代AirPods Proは、Apple公式ストアでの販売は終了していますが、他のお店では販売が継続されています。(在庫限り?)
定価は、38,800円で、第2世代発売後も特に正式な値下げは行われていませんが、実売価格は下がっています。

Amazonでは31,475円(38,800円から19%OFF)で販売中。さらにポイント1%還元です。

ビックカメラ.comでは、32,800円でポイント5%還元。
ヤマダウェブコムなども同様です。

初代と第2世代の価格差は8,000円程度ですね。


まとめ

デザインはほぼ変わりませんが、AirPods Proの売りであるノイズキャンセルが強化されたり、ケースが便利になったり、しっかりと進化してきました。

ただ、見た目が変わらないだけに、旧モデルでも…と考える方も多いかもしれません。
スペック差に8,000円の価値が見出せるかが、判断のポイントですね。

管理人は、まだ第2世代を購入していないので聴き比べはできていませんが、初代に不満はないので、初代でもいいかなと思っています。


最後に、AirPods Proを購入される場合は、「Apple Care+」の加入をおすすめします。
どうしてもバッテリーが消耗しますが、「Apple Care+」に加入しておけば無料で交換してもらえます。

「AirPods Pro」のAppleCare終了間近!! 最後にバッテリー交換してもらいました。

2021年11月4日


created by Rinker
Apple(アップル)
¥39,800 (2022/09/29 11:13:05時点 Amazon調べ-詳細)

初代もお得↓

created by Rinker
Apple(アップル)
¥31,475 (2022/09/29 00:42:20時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。