狂気の失敗作!? 「AirPower」のプロトタイプの動画が公開。

ユーチューバーのルーク・ミアーニ氏が、「AirPower」のプロトタイプの動画を公開しています。

AirPowerは、製品上のどこにデバイス(iPhone、AirPods、Apple Watch)を置いても、同時に充電できるという製品でしたが、結局発売には至りませんでした。

動画では、16個のコイルと、22個のコイルを搭載した2種類のプロトタイプを公開。

22個ものコイル?が並んだ外観は狂気じみた感じもします。
16個でうまくいかず、それなら22個でどうだ!という感じでしょうか..。

Appleは、コイルを多数配置することで、どこに置いても充電できるようになると考えてたようですが、このプロトタイプを見る限り、ちょっと無理があったような…。

今やAppleは世界でも指折りの企業で、優秀な技術者が集まっていると思うのですが、こんな失敗をすることもあるんですね。

でも、この失敗があったから、やっぱりワイヤレス充電は定位置でやらないとダメ、と気づいて、iPhone版のMagSafe開発につながったのかも?

created by Rinker
Apple(アップル)
¥5,930 (2022/12/05 08:12:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥11,918 (2022/12/05 19:04:28時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。