生産半減!! 半導体不足がiPadを直撃。iPhoneの生産を優先で

Nikkei Asiaによると、AppleはiPadの生産を大幅に削減し、iPhone 13への部品の割り当てを増やしているとのことです。

関係者によると、iPadの生産量はこの2カ月間で当初の計画より50%減少しており、旧型のiPhone向けの部品もiPhone13にまわされているとのことです。

世界的な部品不足を受けての措置で、この影響により、アメリカやヨーロッパ、中国で、iPadの納期が延びているとのこと。

ついにAppleにも大きな影響が出てきたようですね。
半導体や部品の不足は、急に改善するのは難しそう。しばらくは、iPadが品薄になるそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。