ソフトバンク、auの「半額プログラム」は本当にお得? 発売から2年の「iPhone X」で試算してみた。

改正電気通信事業法で、「通信料金と端末代金の完全分離」が施行されるの受け、ソフトバンク、auが端末のみでも販売でも割引するサービスを発表しています。


ソフトバンク「半額サポート+」

ソフトバンクは、「半額サポート+」を開始します。

ソフトバンクが、機種代金の支払いが最大で半額不要になるプログラム「半額サポート+」を、2019年9月13日より開始することを発表しました。対象機種を48回払いで購入し、月額390円の「半額サポート+」に同時に...


au「アップグレードプログラムDX」

auは、「アップグレードプログラムDX」を提供します。(10月1日から提供開始)



どちらもほぼ同じようなプラン。

  • 機種代金を48回分割払いする。
  • プログラム料、月額390円を払う。
  • 24回払ったあと、新しい機種を購入する。
  • 最初の端末はキャリアに回収される。
  • 残りの24回分の支払いが免除される。

というもの。

通信料金とは関係のないプランで、ソフトバンク、auを契約していない人でも、利用できるプログラムとなっています。


損か、得か?

機種代金は半額になりますが、月額390円を24回支払う必要があります。
また、端末は回収されてしまうので、2年間、端末を半額+9,360円でレンタルするようなイメージ。

もし、最初の端末が2年後に「半額-9360円 以上」で、換金が可能であるなら、このプログラムは損、ということで、比較していきます。


「iPhone X」の今の価値は..

2年後に「半額-9360円 以上」の価値があるのか問題を検証するため、約2年前(2017年11月)に発売された端末「iPhone X 256GB」の今の価格を確認してみたいと思います。

2年前の販売価格(ソフトバンクの場合)は、
149,280円(税込)

その「半額-9360円」は、65,280円。これ以上の価値があれば、プログラムは「損」となります。

下取・買取価格

Apple Storeの下取り価格

Apple公式ストアでは、新iPhoneの購入画面で、旧モデルの下取りを選択できます。

ここでの下取り価格は…

41,440円
でした。

端末の状態の条件は、

  • 電源が入り、正常に機能する
  • すべてのボタンが機能する
  • カメラが動作する
  • 本体にへこみや傷がない
  • タッチスクリーンと背面ガラスが損傷していない

とのことです。結構厳しい。


イオシスの買取場合

スマホ買取りのイオシスさんの買取価格は…(SIMロックは解除するとして、SIMフリー版の場合の価格)


中古品の場合、69,000円~51,800円。


ヤフオク相場

最後に、ヤフオクの相場を見ておきます。

iPhone X 256GB SIMフリー」で検索した、最近の相場は、7〜8万円代が多いようです。
新iPhone発表前の落札しかありませんでしたので、今後は少し下がるかも。

7万円として、ヤフオクへの手数料が10%とすると、63,000円となります。


損か得かは微妙…

まとめますと、

もしも「iPhone X 256GB」で、「半額サポート+」「アップグレードプログラムDX」を使っていた場合、割り引かれる金額は、実質65,280円。

2年後の価値(換金額)は、

Apple公式ストアの下取:41,440円
イオシスの買取:69,000円~51,800円
ヤフオク相場:63,000円

となりました。

う〜ん、なかなか微妙。2年で半額というのは、絶妙な設定かもしれません。

状態が良ければ、65,280円以上になるかもしれないし、傷が多ければ、ならないでしょう。

買取の場合は、最も良い状態で69,000円。おそらく、わずかな傷も許されないでしょう。

それに対して、ソフトバンクの「半額サポート+」の場合、下記の査定基準を満たしていれば、満額の半額割引となります。
画面割れなどは、さすがにNGですが、傷については規定がないので、傷がついていてもOKなようです。

傷を気にせず使いたいなら、「半額サポート+」などを使うのも、ありかもしれません。


「縛り」に注意

意外とお得かもしれない、「半額サポート+」「アップグレードプログラムDX」ですが、注意しなければならないのが、「2年後もソフトバンク・auで端末を購入しなければならない」という点。購入しないとプログラムは適用されません。

もちろんその時にも、端末をお得に購入しようとすると、同様のプログラムを利用して購入することになる可能性が高い。
となると、さらに次の端末、その次も、そのキャリアで購入し続けることになります。もはや2年どころではない「一生縛り」状態…。

その点も、よく考えて、これらのプログラムは利用する必要がありそうです。


「通信料金と端末代金の完全分離」ですが、結局、通信料金と端末代金がそれぞれ2年縛りになっただけのような…。

iPhoneの場合、端末の販売が、キャリアとApple公式ストアだけに限定されているので、あまり意味がないかもしれません。
普通に量販店などで、SIMフリーが買えるようになればいいんですが..。

1 個のコメント

  • 入ったほうが得でしょう
    2年満期になれば査定して、高く売れれば売ればいいし、機種変更したいなら返却すればいいし、わるい事ひとつもない

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。