ひさびさに高速バスに乗って感じたこと。電源やAirPodsについて

先日、久々に実家に帰るため高速バス(夜行便)を利用しました。

コロナが流行してから帰ってなかったので、約2年ぶりの帰省。
高速バスも2年ぶりです。

以前はあったブランケットや、飲み物がなくなっていてたり、もちろん車内ではマスク着用だったり、コロナでいろいろ変わったところもありました。

コロナ以外でいくつか感じたことを書いておきます。

電源

今回乗った高速バスは、事前に調べたところ座席に「コンセント」があるとのことでした。
ですので、USB充電器を持っていったのですが、実際にあったのは、USB-Aのポートでした。

管理人が持っていたのは、充電器とUSB-C⇔Lightningのケーブルだけ。
USB-Aのポートに繋げるものは何もありませんでした。

これは困った..。
でも、iPad Proも持っており、そちらはバッテリーに余裕があったので、iPadからiPhoneへ充電ができたので助かりました。

2年前なら、USB-Aのケーブルも持っていたと思うのですが、この2年でほぼUSB-Cに移行がほぼ完了したので、注意が必要ですね。
インフラ側もUSB-Cに移行するのは、まだ数年かかるかな..。


AirPods Proのノイズキャンセルが活躍

高速バス内は、会話はないのですが、バスのエンジン音、走行音は結構あります。
また、たまに誰かのいびきが聞こえるときも。
3列シートで列の間にはカーテンがありますが、隣との距離は50cmほど。至近距離でいびきが聞こえたら、かなりキツイかもしれません。

そんなのとき、AirPods Proのノイズキャンセルが便利。
幸い、イビキにはさらされませんでしたが、バスのエンジン音もかなり低減され、寝やすかったです。

ただし、消灯されたバス内で落としてしまったら探すのが大変なので、落下にはご注意を。


「探す」にご注意

乗車中に、iPhoneから、こんな通知が。
これって、AirTagとかで、他人のものが自分と一緒に移動しているときに出るやつだと思います。
AirPods Proも「探す」に対応していますが、所持したのが「13:34」から、となっているので、バス乗車前から所持していることに。自分のAirPodsだと思われます。

普通自分のAirPodsでは、こんな通知は来ないはずなのですが謎です。

ただ、もし自分のiPhoneの電源が切れたとしたら(所有者からAirPodsが離れたことになり、かつ、付近のユーザーが持ち歩いていることになる)、おそらく周りのiPhoneユーザに、このような通知が行くはずです。
(今回も、通知されていたかも?)

通知を受けたユーザーは、AirPodsから音を鳴らしたりできるので、静かな車内では迷惑になっていたかもしれません。
AirTagや「探す」に対応したデバイスは、ちょっと注意が必要かも。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥26,812 (2021/12/01 14:30:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥3,800 (2021/12/01 12:20:07時点 Amazon調べ-詳細)

PR

Amazonブラックフライデー」がただいま開催中(12/2まで)。

AirPods Pro」もセール対象となっていますので、是非どうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。