iPhone本体の割合は何%? 1年間のiPhone関係の経費を計算してみた。

史上最高額となった「iPhone X」。

年々高額になりつつiPhoneですが、通信費などiPhoneにかかる経費のうち、本体価格はどれほどの割合をしめているんでしょうか。計算してみました。



通信費

管理人は、格安SIMのDMM mobileを利用しています。

DMM mobileでは、データ量によって、細かくデータプランが用意されています。

前月分のデータ残量は翌月に繰り越されるので、残量に応じて翌月のプランを決め、節約しています。
だいたい月々2GB〜5GBくらい。

過去半年の合計は、11,617円でしたので、年間では2倍して、23,234円とします。

通話料

通話は、家族とはFacrTime通話がメイン。

その他は、主に楽楽天でんわを使用しています。
通話料が半額になるサービスです。


他にも似た様なサービスはたくさんありますが、楽天ポイントが貯まるのでこちらを使っています。
(使用料が安すぎて、ほとんど貯まりませんが…)

楽天でんわの通話料は、過去半年で2,680円。、年間では2倍して、5,360円とします。


本体価格

格安SIMですので、iPhoneは、SIMロックフリーモデルを使っています。


Apple Online Storeで、iPhone X 256GBモデルを購入し、価格は税込140,184円。


保険

今年、初めて端末の保険にも入りました。

ホームボタンがなくなり、全面ディスプレイとなった「iPhone X」以降、iPhoneの修理費用が高額となっています。また、ボディの背面もガラスになったり、本体サイズ大型化により、以前と比べると重くなった重量により、落下時の衝撃は大きく、壊れるリスクはより高くなっていると思います。そこで、検討しておきたいのが、iPhoneの保険。Appleが提供している、保証とサポートがセットになった「AppleCare+」や、Apple以外からも、様々なモバイル機器で加入できる「モバイル保険」などが提供されています。両者にどのような違いがあるのか...

開封の儀、外観チェックに続いては、やっぱりFaceID...と行きたいところですが、その前にやらなければならないことが。以前ご紹介した、「モバイル保険」へ加入です。「モバイル保険」の詳細は、上記記事を参照いただくの一番ですが、ざっくりまとめると。 iPhoneだけでなく、様々なモバイル機器にかけられる保険 月額700円で、3台の機器を年間10万円を上限に保証 メーカの通常の保証ではカバーされない、過失や事故による損傷や水濡れの修理費用を保証 Appleの「AppleCare+」よりも安くて、同程度の補償内容というものです。修理費用...

本体価格も史上最高ですが、修理価格も史上最高額。さらに、最も壊れやすいらしいので、もはや保険も必須かも。

モバイル保険の保険料は、月額700円(非課税)、年間8400円。


グラフ化してみた

では、1年分の各費用を合計、グラフ化するとこうなりました。

総額:174,498円

iPhone Xの本体価格が80%を占めました。端末のためのモバイル保険も含めれば85%。
通信関係は、わずか15%でした。

さすがに、今回は2年使うかもしれないので、2年の場合は…


それでも、端末関係が75%でした。

格安SIMというのもあるけど、本体の比率がここまで高いとは。
あらゆる機能が、iPhoneに集約されつつあるし、毎日、ずっと持ち歩くものと考えたら、仕方ないかな。

ちなみに、本体代金14万円を365日で割ったら、1日384円。それくらいの金額分は、活用しないともったいないですね。


iPhone Xの予約はこちら






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。