Apple「iPad Air (第 3 世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム」開始。

Appleが、「iPad Air (第 3 世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム」を開始しています。

特定の状況下で、一部の iPad Air (第 3 世代) の画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる可能性があることが判明しました。真っ黒になる前に画面が一瞬ちらついたり光ったりすることがあります。

この問題が確認されているのは、2019 年 3 月〜 10 月に製造された iPad Air (第 3 世代) です。本プログラムの対象となる iPad Air (第 3 世代) については、Apple または Apple 正規サービスプロバイダにて無償修理いたします。

あまり聞いたことのない症状ですが、画面が真っ暗になってしまうことがあるそうです。

iPad Air (第 3 世代)は、2019年3月18日発売の10.5インチのモデル。
現在も現役で販売されているモデルですが、対象となるのは、2019年 10月製造分までとのこです。

対象のモデルをお使いの方は、ご確認を。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。