究極のiPadポーチ「Layer Pouch」がMakuakeでプロジェクト開始。

クラウドファンディングのMakuakeで、Apple信者が作ったミニマリストのための究極iPadポーチ「Layer Pouch」がプロジェクトを開始しています。

Layer Pouchは、iPadの「薄さ」を活かせるようギリギリまでサイジングを追求しました。

その結果、iPad(Pro)11インチまでが収納できる「Layer Pouch」と iPad mini 7.9インチが収納できる「Layer Pouch mini」、2つのサイズをラインナップ。今までありそうでなかった、ミニマルな引き算のデザインに仕上げました。

「Layer Pouch」は、大阪府泉佐野市でスタートしたバッグブランド「asoboze」が開発した商品。

iPadとその周辺機器などが入る、スマートでミニマルなiPad専用設計のポーチです。
軽くて薄く、ガジェットを入れても膨らみにくい構造や、素材に日本製の高機能ヴィーガンレザーを採用するなど、とことんこだわった製品となっています。


12月3日からプロジェクトが開始され、すでに目標金額を達成。来年1月15日まで実際されます。

募集されている応援購入は「超早割25%OFF」「早割20%OFF」など。
すでに「超早割」は終了していますが、まだまだお得に購入できます。

究極のiPadポーチをぜひ、いち早くゲットしちゃってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。