iPhone 12/12 Proに通話の音が出ない不具合。修理サービスプログラム開始

Appleが、「iPhone 12 や iPhone 12 Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」を開始しています。


プログラムの内容は、

ごく一部の iPhone 12 や iPhone 12 Pro で、レシーバーモジュールのコンポーネントの故障により、音の問題が起きる可能性があることが判明しました。この問題が確認されているのは、2020年 10月から 2021年 4 月までの間に製造されたデバイスです。

お使いの iPhone 12 や iPhone 12 Proで電話をかけたり電話がかかってきた時にレシーバーから音が出ない場合は、本プログラムの対象になる可能性があります。

通話時の耳用のスピーカーの音が出ない場合があるそうです。
問題が起きるのは、ごく一部とのことですが、対象デバイスの製造期間は長いので、この期間のiPhone12をお持ちの方は多いと思います。

もし症状が出た場合は、Apple正規サービスプロバイダか、Apple Store直営店へご連絡ください。
プログラムの対象期間は、その最初の小売販売日から 2年間となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。