3Dプリンターがここまで身近に!!「ダヴィンチnano」19,800円で予約受付中。

ついに3Dプリンターが、普通(紙に印刷)のプリンターレベルの価格になってきました。

XYZプリンティングさんが、FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「ダヴィンチnano」の予約受付を開始しています。

最大プリント出力サイズは12x12x12cmの3Dプリンター。
積層ピッチは、0.1 〜0.3 mm。ビルド速度は、170 mm/s。
使用材料は、1.75mm径のPLA/PETG/Tough PLA樹脂フィラメントです。

価格は、19,800円。予約販売は12月24日までで、12月25日より順次出荷予定となっています。


ついに3Dプリンターもここまできちゃいましたか。一家に1台の時代も近いかもしれませんね。
管理人も持ってますが、使ってたモデリングソフトが有料化されてから、プリンターも眠っちゃってます。iPhone Xのスタンドでも、作ってみようかな。

1年以上に前に、Kickstarterで出資を募っていた超小型の3Dプリンタ「The Micro」をご紹介したことがありました。実は、私もKickstarter初参戦で、これに出資してまして、ついに届きました。 すぐに目標額の出資が集まり、計画から遅れはあったものの無事に発売。しかし、海外への発送はなかなか始まらなかったのですが、昨日届きました。発送したという連絡もなかったので、びっくり。  あくまで出資という形なので、最悪、計画が頓挫して、何も届かないという可能性もあったわけですが、無事に届いてよかったです。  Kickstarter...

先日届きました、超小型の3Dプリンタ「The Micro」で、プリントしてみました。 では、使ってみます。  電源を接続すると、ロゴが光ります。  まずは、セッティング。Macに専用ソフトをインストールし、セッティングします。しかし、当然全部英語なワケで...  インク?(材料)をセットします。リールに書かれた3文字を入れると、どんな材料かを認識するようです。  PLAという材料を使ってみます。カラーは、クリア。  これを、ヘッドの穴にブッ刺します。英語ですが、1つ1つのステップは、短い指示なので、なんとかなり...

超小型の3Dプリンタ「The Micro」で、いろいろ作ってみるシリーズ。第3回。 今回は、ホビー的な要素の強いと思う3Dプリンタですが、家庭用ならば、ぜひこんな使い方もしてみたい!! というお話です。  こちらは、アウトドア用の食器セットのケースなのですが...  フタをロックするパーツが1つ、随分前から壊れたままです。ということで、今回はこのパーツを自作してみようと思います。  まずは、部品の3Dモデルを作成。現物の寸法を測りながら、モデルを作ります。これができれば、8割完了ですが、なかなか大変な作業。  3D...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。