3Dプリンタ「The Micro」でApple Watchスタンドを作ってみた。

超小型の3Dプリンタ「The Micro」で、いろいろ作ってみるシリーズ。
前回の初造形に続いて、今回はApple Watchスタンドを作ってみます。
 
自分でデザインしたものもありますが、同じものを作っても面白くないので、今回はこちらを。
 
Apple Watch – Compact Charger Stand

IMG_6203_preview_featured.jpg

ネットで見つけた、3Dモデルデータをプリントしてみます。
 
 

スクリーンショット 2015-06-04 0.02.45.png

専用ソフトに、3Dデータを読み込み、プリントスタート。
 
 

IMG_6075.jpg

で、4時間かかりました…。
 
 

IMG_6078.jpg

三角の中は、空洞のはずですが、何やらあります。
下から積層していくので、空洞だと上の部分が造形できない。なので、それをサポートする支柱が、自動的に造形されるみたいです。
 
 

IMG_6079.jpg

指で押すと、簡単にパキパキ折れていきます。
 
 

IMG_6097.jpg

これが支柱。スカスカですがしっかりしています。
 
 

IMG_6094.jpg

寸法が心配でしたが、充電ケーブルのマグネットはぴったりです。
ただ、固定には両面テープは必要です。
 
 

IMG_6095.jpg

セットするとこんなんです。
 
 

IMG_6096.jpg

底のベルトを通すスペースがちょっと窮屈かな。
 
でも、ネット上では、いろいろなスタンドの3Dモデルデータが公開されているので、あれこれ試してみるのも、楽しいですね。
3Dのデザインができなくても、意外に3Dプリンタは楽しめそうですね。
 
 
 
「3Dプリンター The Micro」を探す⇒Amazon楽天
 
 


整備済のiPad/iPadは、新しい外装&バッテリに交換済み!!
もちろん1年保証もついてる、お得な整備済み品を是非どうぞ。

 
 




1 個のコメント

  • 小さくて可愛いですね。
    3Dプリンタは自由に形を作れるようなので、楽しいのですが、夏休みの宿題にするには完成度高すぎるのかもしれません。