Macは「Apple Silicon」へ!! WWDC2020基調講演のまとめ。

本日午前2時より、WWDC2020基調講演が開催されました。

今回のWWDCは、オンライン開催となり、基調講演も事前収録されたものだったようです。

すでに、日本語字幕版も公開されていますが、その発表内容をまとめておきます。


「iOS 14」


目玉はホーム画面の刷新。

  • ウィジェットが自由に配置可能
  • 「App Library」アプリが自動整理される
  • 「ピクチャインピクチャ」がiPhoneでも使える
  • 「Siri」のUIが刷新
  • 「Translate」オフラインで使える翻訳機能。日本語を含む11言語対応
  • 「Massages」アプリ、ミー文字を強化
  • マップアプリ強化、自転車のルート案内など
  • 車の鍵をApple Walletで管理可能に
  • 「Apple Clip」簡単決済機能


「iPadOS 14」

  • 「Scribl」Apple Pencilの手書き文字を自動変換(英語と中国語)
  • ウィジェット機能
  • 新しいサイドバー
  • 「Siri」のUIが刷新
  • 着信を小さなウインドウで応答可能に
  • 検索機能の強化


AirPods

  • AirPodsの自動切り替え(iPadでビデオ視聴中にiPhoneに着信があった場合など)
  • AirPods Proで空間オーディオ機能が利用可能に


「watchOS 7」

  • コンプリケーション強化(文字盤の自由度アップ)
  • 文字盤の共有機能(SNSを通じて共有など)
  • Map機能が自転車のルート案内に対応
  • ワークアウトに「ダンス」が追加
  • 睡眠トラッキング機能
  • 「就寝準備」機能
  • 手洗い管理機能、手洗い時間を計測


プライバシー強化

  • マイクやカメラを使用中、ステータスバーに表示
  • アプリのトラッキング防止機能(都度ユーザーの許可を得る)
  • アプリにプライバシーポリシーの開示義務


Apple TV+

  • アイザック・アシモフ原作のドラマ「FOUNDATION」2021年公開予定


Macは「Apple Silicon」へ

  • Macを独自開発プロセッサ「Apple Silicon」へ移行
  • ほぼ修正なしにiPhoneやiPadのアプリが動作可能
  • 低電力で高パフォーマンス
  • 「macOS Big Sur」はApple Siliconにネイティブ対応
  • Final Cut ProやLogic Proもネイティブ対応
  • XcodeもApple Siliconへ最適化ツールを搭載
  • 「Universal 2」Intel MacとApple Silicon搭載Macで互換性をもたせるためのバイナリ
  • MicrosoftやAdobeは、Apple Siliconへの対応に着手
  • 「Rosetta 2」既存のアプリをApple Silicon搭載Macで動作
  • 開発者向けにA12Z Bionic搭載のMac miniを提供
  • 最初のApple Silicon搭載のMacは、2020年末登場


「macOS Big Sur」


macOSの新バージョンの名前は、「macOS Big Sur」に。

  • Apple Siliconにネイティブ対応
  • 立体感、透明感のあるデザインに
  • カレンダーやメモ、Podcast、ミュージックが新デザインに
  • 「Massages」で写真やビデオんの共有が可能に
  • ミー文字がMac上で作成可能
  • 「Map」強化、Mac上で道順ガイドの作成など
  • 「Safari」トラッキング防止機能などプライバシー機能強化



iOSのホーム画面の強化にかなり期待。ウィジェットが自由度がアップし、使い勝手が格段に上がりそうです。

そして、「Apple Silicon」。
そのパフォーマンスにも期待ですが、iOS、iPadOSのアプリが動いちゃうそうです。年末まで待てない!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。