GaN (窒化ガリウム) 採用で超コンパクト!! だが惜しいっ!!「Anker PowerPort Atom PD 1」を試す。

もう発売から結構経っちゃいましたが、ようやく手に入れたので、レビューです。

新素材 GaN (窒化ガリウム) を採用した、AnkerさんのコンパクトなPD対応充電器Anker PowerPort Atom PD 1を試します。

まずはパッケージ。いつものAnkerカラーのパッケージです。



おお! 小さい!! 以前は無印MacBookで29Wを使っていまいたが、このサイズには驚きです。



丸っこいデザイン。「PD」の文字がある面以外は、マットな仕上げになっています。



あれっ?



え〜!! プラグは折りたたみ式じゃないの!!!
勝手に折りたたみ式と思い込んでいました..。コンパクトさが売りなら、折りたたみ式にして欲しかった。



気を取直して、cheeroのPD 18W「CHE-324」、Apple純正の「12W USB電源アダプタ」(非PD)とサイズ比較。

30Wなのに圧倒的に、PowerPort Atom PD 1が小さいが…



小さいだけに、折りたためない端子の存在が際立つ…。



コンセントに挿すと、こんな感じ。
白い純正ケーブルと相性のいいデザイン。



MacBook Pro 13インチで使用してみると、ちゃんと30Wで認識。
付属の61Wよりは時間はかかるが、ブログ記事の作成くらいなら、使用しながらでもバッテリー残量が増えるくらいのパワーはあります。



しつこいですが、もうちょっと大きくてもいいので、折りたたみ式にして欲しかった。GaN (窒化ガリウム) の採用と、折りたたみにできないのは、何か関係があるのかな? ボディの密閉度をあげる必要があるとか。(RavPowerのGaN採用充電器のように、折りたためるものもある)



購入はこちら。
Anker PowerPort Atom PD 1




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。