CとAが2個ずつで、このサイズと価格!! AUKEYの4ポート充電器「PA-D52」を試す。

先日AUKEYさんから発売されました、USB-C PDx2ポート&USB-Ax2ポートの計4ポート充電器「PA-D52」を購入しましたので、ご紹介します。

我が家にもUSB-C対応の機器も増えてきて、そろそろUSB-C対応の充電器を増やしたいと思っていたところに、発売された「PA-D52」。速攻購入しました。

開封&外観チェック


おお、なかなかコンパクト! よくぞこのサイズに48WのPDと4ポートを詰め込んだという感じ。

サイズは、67x64x29mm、152gです。


プラグは、もちろん折りたたみ式。


4つポートは、USB-Aはグリーン、USB-Cはオレンジに色分けされています。


よく見ると、ポートの中の端子の色も同色に。Appleのようなこだわりです。


底面のスペック表記。

入力は、AC 100–240Vまで対応で、海外での使用もOK。
出力は、USB-C PDの出力は、DC 5V 3A, 9V 3A, 12V 3A, 15V 3A, 20V 2.25Aに対応。


他のAUKEY充電器と比較

手持ちのAUKEYの充電器と比較して、その進化をチェックみました。

左から、

  • 今回紹介「PA-D52」:最大48W出力,USB-C PDx2 & USB-Ax2
  • 2017年購入「PA-Y10」:最大46W出力、USB-C PDx1 & USB-Ax1
  • 2020年1月購入「PA-D2」:最大36W出力:USB-C PDx2


偶然なのか? 3台とも、幅29mm、奥行き64mmが全く同じ。

ポートの色分けやインジケータ以外は、デザインもあまり変わっていません。
でも、サイズに対しての性能は進化しています。


ライバル製品と比較

USB-C PDx2ポート&USB-Ax2ポートというスペックは珍しいですが、2モデルありました。

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャー 2 USB-C PD & 2 USB 3.0 急速充電
サイズ:10.3×72.1×23.1mm、214g


Nimaso 4ポート USB PD 充電器 【90W出力 PSE認証 QC/PD3.0対応】USB-C & USB-A 各2ポートNimaso 4ポート USB PD 充電器 【90W出力 PSE認証 QC/PD3.0対応】USB-C & USB-A 各2ポート
サイズ:110x100x20mm、254g

PA-D52は、67x64x29mm、152g。

出力値が違うので、単純に比較はできませんが、上記2モデルは、コンセントプラグのない据え置きタイプ。
持ち運ぶなら、PA-D52、一択でしょう。


使ってみる

手に収まるサイズ。
プラグも折りたたみ式で、持ち運びも苦にならないサイズ感です。


コンセントに接続すると、グリーンのLEDが点灯します。


4本のケーブルをフル接続。
さすがに込み合いますが、抜き差しができないほどではありません。

複数のポートを同時した場合の出力は下記のようになります。

  • USB-Cポート×1:45W出力
  • USB-C×1 + USB-A×1:USB-Cポートは36W出力
  • USB-C×2(USB-Aの使用数は問わない):各USB-Cポートは18W出力

同時使用でも、iPhoneやiPad Proの高速充電は問題ないスペックですね。


まとめ

比較した2モデルよりもサイズはやや大きくなっていますが、それ以上のスペックアップがあり、十分許容できると思います。

これ1つで、iPhoneとiPad Proを高速充電しつつ、Apple WatchやAirPodsの充電も同時にOK。
1ポートのみの使用なら、MacBookにも対応できます。

それでいて、価格は3千円台。コスパも良いと思います。


7月6日までクーポン特価

発売記念として、7月6日まで、クーポンコード「AUKEYD52」利用で、15%OFFの3,380円で購入できます。

ぜひどうぞ。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。